« 時間は使うほど増える | トップページ | 3万円のチケット »

2007年2月17日 (土)

成田エクスプレス

 バルセロナ便の出発は10時。
 午前に成田を発つと、夕方にはバルセロナに着く。
といっても時差が8時間あるので実際には夜中に着く。

 成田での集合時間に余裕を持って家を出た。
 「えきねっと」で成田エクスプレスの指定券は予約済。

 東京駅から成田エクスプレスに乗り換え、あとは55分寝ていれば着く・・
 と簡単に考えていたら、東京駅の成田エクスプレスの乗り場がわからない。
 始めに京葉線の方へ行ってしまった。
 京葉線までの順路は延々と廊下がつづく。駅員さんがいないので途中で道を聞くこともできない。
 ようやく駅員さんを見つけてホームを尋ねたときには、出発まであと10分。東京駅を全力で走る羽目になった。

 フランクフルトまでのフライトはおよそ半日。
 高原によって「エコノミー症候群」が有名になって以来、初めての長旅。
 けっこうびびっていたが、11時間のうち一度トイレに立っただけで、あとは手足をストレッチしただけで、なんとか発症せずに済んだ。

 前日TSUTAYAに走って買ってきた「For the future」Do As Infinityを入れてきて、それを何度も聴いた。できればアルバムを買いたかったのだが、フライト前夜にリリースされたNEWアルバムは依然としてCCCD。しかたなく、普通盤のシングルを買った。

 前回の長旅の頃はウォークマンは世に出ていたが、まだカセット。
 いま、100円ライター程度の大きさに数千曲が入るのは嬉しい。日本は世界を便利にしていく。
「それによって途上国が産業を失う」
などと憂鬱を競うように論う人がいるが、そういう人は電化製品を家から全部捨ててから言うといい。

 ルフトハンザはANAと提携しているので、ANAのマイレージが溜まるのだそうだ。半券を残しておけば後でマイル入れてもらえるとか。大事に持って帰ったのだが、有効期限は半年だと知らず、切らしてしまいもったいなかった。

 キャビンアテンダントはほとんどドイツ人。
 食事を運んできたアテンダントに僕が「ダンケ!」と言うと「ありがとう」と返されてなんだか変な気分だった。

 トイレに立った時、思わずスペイン語の十八番
「ドンデ エスタ エル セルビシオ?」
と言いそうになったが、Where is the bathroom? と咄嗟に言い換えた。

|

« 時間は使うほど増える | トップページ | 3万円のチケット »

旅行・地域」カテゴリの記事