« 東京マラソンボランティア開始 | トップページ | 4枚のプラカード »

2007年2月24日 (土)

ルフトハンザの空旅

 搭乗後すぐに食事とドリンクのメニューが配られるのはけっこう楽しい。
 食事は二者択一。ただし4度の食事のうち3度までは、ビジネスクラスで人気メニューが消えてしまい、エコノミーな僕らには選択肢が無かった。
 得体の知れない魚の照り焼きは遠慮したかったが、魚は魚だった。
 日本そばが乗っていたが、そばアレルギーの僕は当然手をつけず。うどんにすればいいのに。

 ルフトハンザは・・
■乗務員が英語で話しかけてくる。
■日本人乗務員が乗っていることもある。

■とにかく寒い。

■アルコールは別料金ということはない。ずいぶん前に海外に長旅をした時はビールは別料金だった。

■無線LAN対応のパソコンを持参すればどのクラスに乗っても機内で有料インターネット接続ができる。

 日本人女性の乗客だけが、自席で化粧を直していた。

 飛行機はフランクフルトに着いた。
 「シェンゲン協定」によりドイツで入国手続きをすると、そこからは国内旅行扱い。スペインでは入国審査がない。

 The Shuengen acquis
 人の移動に関して国境チェックを廃止する協定。
 EU域内の移動時、旅券審査を廃止する協定。EU25か国のうち15か国が加盟している。

 1985年、ドイツ、ベネルクス三カ国、フランスの5か国で運用開始。2004年末現在、アイスランド、イタリア、オーストリア、ベネルクス三カ国、ギリシア、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、フィンランド、フランス、ポルトガルの15か国が加盟。
 協定国同士の国境では検問を行わないという取り決めだが、検問をしている所もある。
 旅程表によるとフランクフルト空港で1時間待ち。ドイツといえばビールとソーセージ。やはりフランクフルトが食べたい。果たして空港で食べられるのか?

|

« 東京マラソンボランティア開始 | トップページ | 4枚のプラカード »

旅行・地域」カテゴリの記事