« マラソン途中の渋滞 | トップページ | ホテルでインターネット »

2007年3月 9日 (金)

スポーツを「楽しみたい」

 16km
 渋滞によるタイムロスは6分30秒ほど。つづく1kmは7分26秒。一度歩いた後だが、ラップは落ちていない。
 ウェストポーチには手で切れるテーピング用テープ、パワージェル4袋、チタンテープ、キャラメル3個、音楽プレーヤー。
 渋谷アートスポーツの方が「ポーチは絶対前につけなきゃダメです。後ろだとお尻に当たって走り辛いですよ」と教えてくれた。僕はそれまで後ろにつけていた。
 走りながらランナーを見ていると10人中9人は後ろにつけている。
 「教えてあげたい~」
 何度もそう思い、とどまった。

 17km
 この1kmは7分5秒。いけるところまでいける気がしている。
 今日はとことん走り通すことを目標にしよう。
 走る趣味を持つ会社の先輩が「自分の中では、歩いたら完走とは思わない」と言っていたが、僕はそんなことはない。歩いても転がっても完走は完走。ただ、今日はできることなら、ゴールまで走り通してみたい。そんな気持ちになっていた。

 18km
 1月に書いた小説では、このあたりで左足の故障が再発、とりあえず22kmまで頑張って救護所に駆け込むというストーリーを書いた。それを一瞬思い出したが、3歩走ってすぐ忘れた。

 19km
 クィーンの「39」2039年の未来を歌ったと言われる、クィーンデビューから39番目の収録曲。
 僕はこの数字にこだわりがある。できれば今日も、6時間39分でゴールしたい。

 20km
 このラップは7分35秒。10kmまでと思っていた1キロ7分30秒ペースで2時間頑張れた。手元の表では目標の6時間23分ペースより10分ほど速い。
 マイミクさんに推薦してもらった「超特急」「陽はまた昇る」はテンポがよい曲で明るい気持ちになれた。
 20はデコの背番号。「20」の距離表示と記念写真を撮りたいと一瞬思う。だが、今日はそういう場合ではない。いつの日かカメラを片手にのんびりと走ってみたい。そういうことを「**を楽しみたい」と言う人もいる。スポーツを楽しむというのは、そういうことではない気がして、この言葉に違和感がある。20kmを過ぎたこの時はまだ、それは単なる違和感だった。



マラソン講座

| |

« マラソン途中の渋滞 | トップページ | ホテルでインターネット »

しらべるが走る!」カテゴリの記事