« スポーツを「楽しみたい」 | トップページ | モッタに癒される »

2007年3月10日 (土)

ホテルでインターネット

 僕らを待たせていたのはFIFAのスタッフと宿泊客
 その日はスマトラ沖地震のチャリティマッチがホテルから徒歩20分のカンプノウで行われる。
 サッカーファンとなった今ならば、気絶しそうなほどのメンバー、移籍金換算で合計650億円の選手たちがすぐそこにいた。
 まず最初ににこにこ笑いながらロナウジーニョが出かけていった。
 しかしそれ以外の選手はまったくわからない。1年ほど経ってから撮っていた写真の被写体がカカ(ACミラン/ブラジル代表)だとわかったくらいだ。

 この詳しいお話は一昨年10月に書いた。
 →ロナウジーニョと3メートル

 ホテルはヒルトンバルセロナ
 部屋でインターネットができる!らしいのだが
「地球の歩き方」によると"モジュラージャック完備"とあった。
今時モデムか・・

 きょう4度目の食事が終わると、22時に近所のスーパー「エル・コルテ・イングレス」が閉まるというので仲間と買い出しに行く。
 水3本、ヨーグルト2個、缶入りピーナッツを買って3ユーロ(420円)程度。物価安いなぁ。レジのお姉さんが打ち間違ったのかと思った。

 長い長い一日を終え、寝たのは現地時間1時。28時間起きていたことになる。
 それなのに、体内時計に5時に起こされてしまった。
 日本時間ならばお昼過ぎ、普通ならば起きている時間なのだ。

 疲れているはずなのに眠れない。
 そこでネット接続を試みることにした。
 デスクの壁についていたのは10BASE-Tの端子。モデムではなかった。ケーブルも備え付けてあったので、英語の説明書を読みながら試みる。
 まず、少しびびったのはJCBが使えないこと。使えるのはAMEXやVISA。カバンの隅っこに入れておいた予備のカードがVISA提携で助かった。
 だがしばらく、格闘したがクレジットカード認証の受け方がわからない・・

 仕方なくフロントに助けを求める。
 「アルギエン アブラ ハポネス?」
 さまざまな状況を予測して作っておいた単語カードのうちの1枚。
 「日本語を話せる人はいませんか?」

|

« スポーツを「楽しみたい」 | トップページ | モッタに癒される »

旅行・地域」カテゴリの記事