« これはこれで嬉しい合コン | トップページ | 戻ってきたデコ »

2007年5月 5日 (土)

バルセロナが恋しい理由

 バルセロナから帰国するといつもの町。
 バスを降りてJRのガードを走る電車を見上げたとき、バルセロナが隣り町だったような気がした。

 バルセロナに数日滞在したが、ほとんどはホテルで会議をして、フリータイムはいつもグラシア通りにいた。
 グラシア通りは福岡の天神の町に似ていた。
 天神、特に地下街は歩いている女性が綺麗だということで有名だが、バルセロナはそういうわけではない。
 博多の町は食べ物が美味しい。バルセロナに特段美味いものはない。

 バルセロナから帰ってすぐ、特にかの街が恋しいという気持ちは起こらなかった。
 コミュニティに旅日記を書いた。
 すると、見知らぬ仲間からのバルセロナに恋する気持ちが集まってくる。
 そこから新しい友達ができる。
 そうしてバルセロナへの関心がつながった。

 これまでにいくつかの外国を旅したが、また行きたいと思っている街は、ワイキキに次いでこれが二度目。

 居心地の良さ。
 バルセロナを再び訪れたい動機として、他の言葉は見つからない。
 デコがそこにいるからという動機が加わったのは、その1ヵ月後だった。

バルセロナ記事連載おわり



|

« これはこれで嬉しい合コン | トップページ | 戻ってきたデコ »

旅行・地域」カテゴリの記事