« 練習が餃子に替わった日 | トップページ | 赤字で回答します »

2007年5月21日 (月)

MR-Sウェブの閉鎖

 4月4日、いつものようにYahoo!でMR-Sを検索。
 一番上に出るトヨタMR-Sのウェブページをクリック。

  今日もせめてファイナルの写真を見て、うっとりしようかなと思っていた。
 すると出てきたのは
「ページがみつかりません」
ブラウザーが返すエラーメッセージだ。

  ばっさり消してしまっている。
 企業のウェブページでは「このページは現在ありません」というメッセージを見ることはあるが、跡形もなくなり、ブラウザーがエラーを返すというのは珍しい。

 一応、トヨタですよ。
 個人が運営するウェブページとはちょっとわけが違うでしょ。

 

 辛うじて1枚か2枚、写真をコピーしていたが、それだけ。
 もう何も見ることができない。

  突然消すことで、ユーザーの飢餓感を煽ろうという訳ではないだろう。
もう買えないのだから。
 クルマがもう売っていないのに、ウェブページがあるのはけしからん!というクレーム対策だろうか。それならばもうちょっと消し方と言うものがあろう。
 不可解な消し方だった。

 

 MR-Sは7月末、特別仕様車の生産終了というアナウンスがされていたが、順調に売り切ったため、どうやらそこまで工場の稼動は続かないようだ。
 恐らく5月末には生産ラインが解消されて、6月中にはオーナーの手に渡り、トヨタの仕事を終える。

 

 発売当時、160万円程度で買えたミッドシップ、オープンカー。
 ファイナルは特別仕様で特別価格とはいえ240万円。
 あれだけの豪華装備ならば、それも高くない。

 

 晩年、月に一桁しか売れなかったホンダNSXや三菱GTOに比べれば、そこそこに売れていたMR-S。
 トヨタの懐の深さの象徴だったこのクルマを惜しむトヨタ関係者は少なくなのではないか。
 ミッドシップが大好きでこの会社に就職した人たちに、もう一度、心躍る機会を!

| |

« 練習が餃子に替わった日 | トップページ | 赤字で回答します »

MR-S」カテゴリの記事