« 最後の一枚 | トップページ | 稲垣のマラソンランナー »

2007年5月 1日 (火)

サプライズパーティ

 これまでの生涯でサプライズパーティを3度開いたことがある

 その一度目のこと
 それはパーティと呼べる人数ではないかも知れない

 当時僕は職場の中ではとても厳しい立場にあり、権力闘争で言うならば非主流派といえる位置にいた。

 その時、同じ立場だった田中さんと意気投合した。
 二人でよく連れだって呑みに行き、愚痴をこぼし合った。
 女の子の話しもした。
 彼はよくこう言った。
 「職場の鈴木さんと佐藤さん二人に囲まれて呑めたら、死んでもいいな」
 鈴木さん、佐藤さんは社屋の中でもひときわ目を引くルックス。彼は二人にあこがれていた。

 田中さんは僕よりも少し年上だがとても腰が低く、人の話をよく聞く好青年。少し天然ぼけが入っていて、彼がぼけて僕がツッコむ。

 二人で振り付きで歌う「無縁坂」
 何度歌ってもハモリがずれる「夏の終わりのハーモニー」
 は周囲の爆笑を誘った。

 そんな二人に別れの時が来る。

 定期異動が発表されたその日、内示を受けた彼はまっさきに僕に言いに来てくれた。
「motoちゃん、おれ異動になっちゃったよ」
 何も彼が悪いわけではなく、僕に気兼ねすることなど何もないのに、彼はとてもすまなそうだった。僕がまた独りぽっちになるのを心配してくれていたのだろう。

 彼の出発まであと2週間となったある日
 僕はあることを思いついた。
 そうだ。サプライズパーティやろう。

5月3日につづく



| |

« 最後の一枚 | トップページ | 稲垣のマラソンランナー »

ノート」カテゴリの記事