« メールの時間差攻撃「保存」と「後で送信する」 | トップページ | 冬のチャンピオン »

2007年7月21日 (土)

突然で勝手なのは

 諜報機関あるいは政府が自分を監視しているのかも知れない。
 会社の上司が自分のメールを検閲しているのではないか。
 自分に悪意を持つものが、ウィルスで攻撃を仕掛けたのだろうか。

 そんな疑心暗鬼に陥ることはあるだろうか。
 ふつーの人にはないと思う。

 だが、世の中はそれほど平穏ではないようだ。

 突然メールができなくなりました。

 問合せ窓口に座っていると、突然事件が起こることが世の中にはいかに多いかを実感する。

 コンピューター・システムやパソコンの利用において、障害が起きる時には、何らかの理由が必ずある。
 突然、あなただけを悪意のある秘密結社がアタックすることは万が一にもない。

 冷静になって、何か変えたのではないかと考えてみれば、すぐわかる。
 それが原因だ。

 クレームの勢いで電話をかけて来た人は、ばつが悪いのか、根っから横着なのか、それを認めない。

 「いや、突然、googleツールバーがはいって」
 「勝手にInternet Explorer7がインストールされちゃったんだ」

 突然も勝手もありません。
 突然で勝手なのは、あなた自身です。

 このことから学ばなければいけないのは、どんなトラブルに接しても、冷静に現状を分析し、自らの行動に必ず原因があると考えること。

 365日、ヒトのせいにして生きている人は、これを読んでも意味がわからないだろう。





|

« メールの時間差攻撃「保存」と「後で送信する」 | トップページ | 冬のチャンピオン »

パソコン」カテゴリの記事