« 技術の進歩と製品 | トップページ | 東京マラソン2008 »

2007年8月30日 (木)

中小企業とは?

 さて一つ質問です。

 中小企業の説明として正しいのは、A,B,Cのどれでしょう?

A 製造業その他 20人以下
  商業・サービス業 5人以下

B 製造業 30人以下
  小売業 20人以下
  サービス業 10人以下

C 資本金3億円以下または従業員300人以下の会社。
  卸売業=1億円以下または従業員100人以下
  小売業=5千万円以下または50人以下
  サービス業=5千万円以下または従業員100人以下

 正解は一番下にあります。

1963年 中小企業基本法施行 「資本金1億円以下」
1999年12月 同法 改正施行 「資本金3億円以下」

 上記設問の選択肢 A は「小規模企業」の定義(中小企業基本法)

小規模企業
製造業その他 20人以下
商業・サービス業 5人以下

 日本の経済を支えてきたのは「モノ作り」。
 それを支えているのが中小企業の英知である。
 銀行をつぶしてはいけないと言われるのは、銀行がつぶれると、融資を受けられなくなる中小企業がたくさんあり、中小企業が連鎖的に倒産するからである。
 日本の全事業所に占める中小企業の割合は99.7%。

 「銀行がつぶれたからと言って、税金を投入するのはけしからん」
とテレビにつっこんでいる人は大企業の皆さんということになる。

 銀行をつぶしてはいけないが、税金を投入した銀行の社員にボーナスを払うのはやめた方がいいだろう。

答えはCです。

| |

« 技術の進歩と製品 | トップページ | 東京マラソン2008 »

ビジネス」カテゴリの記事