« ビリーなんとかキャンプ | トップページ | こんなアラーム時計がほしい »

2007年9月 2日 (日)

デコの辛口ランサメント

 デコの辛口ランサメントはデコ本人が語る記事。

 ワールドサッカーマガジンは月2回(第1/3木曜)刊行だが、第一木曜発売分で毎月1回、合計10回連載された。

 対話形式のインタビューではない。
 デコの話しを聞き手が口述形式でまとめたようだ。

 「ブラウグラナのご意見番」というキャッチコピー、「辛口」というタイトルがデコに対するこの雑誌の見解をよく表している。

 一般的に、日本ではふつーに話せば「辛口」
 その言葉に感情がこもると「吠える」ことになる。
 メディアによると、石原慎太郎都知事は、年中吠えていることになっているが、本当に記者会見で「わお~」「がぁ~」と吠えているのだろうか。

 デコもよく会見の模様を伝えるメディアによって、吠えさせられている。
 彼は正直な男だ。
 曲がったことが嫌いだ。
 それをそのままメディアに話してしまうことがある。

 だが、たいていの人は皆、耳障りのよい言葉を待っている。
 耳障りのよい言葉をいう人の周りに穏やかな調和ができる。

 デコファンはそういう調和を求めてはいない。
 真っ当なことは、そのまま発言するデコにますます共感を覚えるのである。
 10代の頃から聖人君子のコメントを言うよう訓練されたエリート・スポーツ選手なんて、つまらない。

 「辛口ランサメント」は2006年10月5日発売の10月19日号から始まった。
 デコ初めての雑誌連載記事。見開き2頁。いつも以上に乱暴な口調のデココラムだ。

| |

« ビリーなんとかキャンプ | トップページ | こんなアラーム時計がほしい »

デコ」カテゴリの記事