« ゼロ媒体とアンチ・クリッキティス | トップページ | とっておきの情報 »

2007年11月17日 (土)

ビートルズが代表する音楽世代

 大上段に構えて言えば、20世紀 音楽界に最も大きな足跡を残したロックバンド、ビートルズ。
 ほとんどの楽曲をポール・マッカートニー、ジョン・レノンが作った。
 メンバーは他にジョージ・ハリスン、リンゴ・スター。
 バンド名は beetle と beat を合成した。

1950年 ジョンとポールがアマチュア・セッションを開始
1962年 デビュー
1963年 英国内でトップグループとなる
1964年 世界的なトップグループとして認知される
1966年6月29日、来日。日本で3公演
1966年8月、コンサート活動停止を発表
1970年 解散
1980年12月8日 ジョン・レノンが暗殺される
2001年11月29日 ジョージ・ハリスンが肺ガンで亡くなる
2000年11月13日、英米でのナンバー1ヒットばかり27曲を集めたCD「1」発売。

 ビートルズの全オリジナル・アルバム
PLEASE PLEASE ME
WITH THE BEATLES
A HARD DAYS NIGHT
BEATLES FOR SALE
HELP!
RUBBER SOUL
REVOLVER
MAGICAL MYSTERY TOUR
SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND
THE BEATLES (WHITE ALBUM)
YELLOW SUBMARINE
ABBEY ROAD
LET IT BE

 ビートルズ初心者で、ヒット曲だけを手に入れたいならば「1」
 ビートルズに敬意を表してオリジナル・アルバムの代表作を押さえるならば「アビーロード」「サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド」(英国で22週連続1位を獲得、最高傑作)「THE BEATLES (ホワイトアルバム)」

 シンセサイザーとコンピューターがなかった時代の音楽は、1980年代以降の音楽とは明らかに違う。
 1980年以降に出たポップス、ロックを今聴いて「古くさい」と感じないのは、1980年を境にコンピューターによる音楽の大量生産が確立されたことに関係がある。

 1980年頃にできあがったポップスとロックの制作手順は、そのまま変化していない。ゆえにほぼ30年前に作られた曲にも古さを感じない。歌詞の意味がわからない洋楽については、新曲だと言われてもわからないだろう。

 コンピューター制作が確立した1980年代以降。
 シンセサイザーが登場して、手作りのスタジオワークと混在した1970年代。
 手作りながら、スタジオワークに凝り始めた1960年代。
 スタジオワークに凝らなかった1950年代。

 1970年に解散したビートルズは、手作りでスタジオワークにこり始めたパイオニア・ロックバンドである。

| |

« ゼロ媒体とアンチ・クリッキティス | トップページ | とっておきの情報 »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズが代表する音楽世代:

« ゼロ媒体とアンチ・クリッキティス | トップページ | とっておきの情報 »