« あなたの歴史を書き出すフォーム集 | トップページ | 鶴見でぶーがる »

2008年2月24日 (日)

ユーロ2004グループリーグ突破

2004年5月18日
 スコラーリ監督が 23人のメンバーを発表。
 規律違反に問われ、2003年9月からチームを追放されていたマニシェが代表に復帰した。
 マニシェはロッカールームでのやりとりをメディアに喋ったことを咎められていた。

5月23日
リーガ2003-04最終節 この後レアル・マドリーのフィーゴがシーズンを終えてチームに合流。

5月26日
FCポルトUEFA CL決勝に出場して優勝。
 この後デコ、マニシェ、リカルド・カルバーリョがチームに合流。

5月30日
フランスカップ決勝にパリ・サンジェルマンのパウレタが出場。この後チームに合流。

 こうして、各クラブでの戦いを終えたレギュラー・メンバーが合宿所に揃った時、既に本戦2週間前を切っていた。

6月12日 開幕戦 A組1節
ポルトガル1-2ギリシア
 後半開始からデコクリスチアーノ・ロナウドユーロ初出場

 ルイス・フェリペ・スコラーリ監督は試合後の会見で「家の窓に国旗を飾って、これまで以上にチームをサポートして欲しい」と呼びかけた。
 翌日ポルトガルの国中の家の窓に国旗が飾られた。

 監督がチームの士気を高めることに努める一方、ベテラン二人はその反対の行動に出る。
 フィーゴ、ルイ・コスタがまたもデコの国籍取得について不快感をメディアに語る。
 しかし、お子ちゃまフィーゴとは違い、賢明で大人のデコは沈黙を守り、内紛には至らなかった。

6月16日 A組2節
ロシア0-2ポルトガル
 MF中央の先発は 10番ルイ・コスタではなく 20番デコ。
 左からシモン、デコ、フィーゴと並んだ。78分フィーゴに替えてロナウドが出場。
 DFはギリシア戦に先発したキャプテンのフェルナンド・コウト、パウロ・フェレイラ、ルイ・ジョルジュをベンチに下げ、ミゲル、ヌーノ・バレンテ、リカルド・カルバーリョを先発させた。
 7分、デコのパスをマニシェが決めて先制。マニシェはマンオブザマッチに選ばれた。

6月20日 A組3節
ポルトガル1-0スペイン
 決勝トーナメントへ勝ち進むには、難敵スペインを相手に勝ち点3が必要な状況で試合開始。
 先発MFは初めてロナウド、デコ、フィーゴが並んだ。
 後半からFWパウレタに替えてヌーノ・ゴメスが出場。
 57分フィーゴのパスをゴメスが決めて決勝点。
 ギリシアに次いでA組2位となり、決勝トーナメントへの進出を決めた。
 スペインはグループリーグでの敗退となった。

ユーロ2008全試合ハイビジョン生中継 WOWWOW公式サイト

| |

« あなたの歴史を書き出すフォーム集 | トップページ | 鶴見でぶーがる »

デコ」カテゴリの記事