« 心の壁に貼り付いた言葉 | トップページ | 変な話 »

2008年3月 9日 (日)

ポルトガルと1stユニフォーム

 ユーロ2004、ポルトガルは16チームによるグループリーグを勝ち上がり、ベスト8へ駒を進めている。

6月24日 ベスト8
ポルトガル2(PK6-5)2イングランド
MFは左からロナウド、デコ、フィーゴ
27分ルーニーが負傷退場
1点ビハインドのポルトガルは攻撃選手を増やし、デコを右サイドバックに下げる布陣で83分同点に追いつく。
85分、デコが警告を受ける。
延長で1点ずつを取り合いPK戦へ。
デコ
○ シモン
× ルイ・コスタ
クリスチアーノ・ロナウド
○ マニシェ
○ ポスチガ
○ リカルド(GK)
 デコが代表公式戦のPK戦で蹴ったのはこの一度きり。リカルドは1本めにベッカムのPKを止め、最後は自らが蹴って勝利を決めた。


6月30日 ベスト4
ポルトガル2-1オランダ
MFは左からロナウド、デコ、フィーゴ
26分デコのコーナーキックをロナウドがヘッドで合わせ先制
58分ショートコーナーからマニシェが2点め。


 ユーロ2004から2年後のW杯2006、ポルトガルはベスト16でオランダと対戦。イエローカード16枚が出た乱戦を制する。ベスト8ではイングランドと対戦。0-0からのPK戦、リカルドのセーブで勝ち上がった。
 ユーロ2008、オランダは出場するが、予選敗退のためイングランドは出場しない。


7月3日
ルイ・コスタが代表からの引退を公表。


7月4日 決勝
ポルトガル0-1ギリシア
MFは左からロナウド、デコ、フィーゴ
57分ギリシアが先制。デコにマークを二人つけるという相手の長所を消すことに徹したギリシアのリアクション・サッカーが、スペクタクルな攻撃サッカーを封じた。

 ポルトガルは全試合で赤の 1stユニフォームを着用した。
 2年後のW杯2006でも、ポルトガルは全試合でワインレッドの 1stユニフォームを着用している。
 ユーロ2004準優勝、W杯2006ベスト4、好成績とはいえ、あと一歩何かが足りないポルトガル。ユーロ2008では意外と 2ndユニフォームに幸運が潜んでいるかも知れない。





| |

« 心の壁に貼り付いた言葉 | トップページ | 変な話 »

デコ」カテゴリの記事