« ローマ字入力が速い理由 | トップページ | 学生気分を抜かない方法 »

2008年4月13日 (日)

セビージャ新潟に来る

 セビージャは 2006-07シーズン開幕前のイベント
 UEFAスーパーカップ(モナコ モンテカルロ開催)でFCバルセロナを3-0で破り初優勝した。
 日本のスーパーカップは、子供から大人まで広く指示される人気のアイスだが、UEFAのスーパーカップは全然スーパーではない。

 あぶれ者同士の親善試合「UEFAカップ」と選ばれし勇者「UEFAチャンピオンズリーグ」の勝者を 1戦限りで戦わせ、それにスーパーカップを冠してしまうところが支離滅裂。
 プロ野球日本シリーズの勝者と、二軍のジュニア日本選手権の勝者を戦わせて「真の日本一決定戦」と冠しているのに等しい。

 もちろん、それを真に受けている欧州フットボールファンがいるわけがなく、皆さん、なんちゃって公式戦風のオープン戦と捉えている。

 バルセロナにとっては、クラブワールドカップを含むタイトル総なめを狙っていたシーズンの冒頭。
 この時点では痛くもかゆくもない敗戦だったが、結局、このシーズンに狙っていた、CWC、CL、リーガの3タイトルをいずれも逃してしまった。

 2006-07シーズンの5月16日、セビージャは2年連続であぶれ者同士の親善試合 UEFAカップの決勝に進む。
 結果は、2-2からのPK戦で、同じスペイン同士、バルセロナ市のエスパニョールを破り、二連覇。

 6月17日には、リーガ最終節をわずかに優勝の可能性を残して迎える。
 しかし、ホームでビジャレアルに敗れて3位。

 6月23日、スペイン国王杯決勝:セビージャ1-0ヘタフェ
 セビージャはこのシーズン、UEFAスーパーカップ、国王杯の2タイトルを獲得。

 シーズン前に日本遠征したリーガ・クラブは好成績を残すというジンクスがある。
 と、しらべるは主張する。
 セビージャは、2006-07シーズン前、日本遠征を行っていた。

 2006年8月4日、新潟でアルビレックス新潟と対戦し6-0で勝利。
 スペインからの飛行機にたまたま乗り合わせた、ベティコの友達は、堪能なスペイン語でたくさん話したらしいが、最後までベティスファンであることは隠したという。
 当時在籍していたサビオラは不参加。メディアの露出も無いに等しく、よほどのリーガファンでもない限り、来たことさえ知られていない。

■バルセロナのプレシーズン遠征とシーズンの成績
 2004-05 日本遠征 → リーガ優勝
 2005-06 日本遠征 → リーガ、CL優勝
 2006-07 米国遠征 → 無冠
 2007-08 日本遠征 → ??



| |

« ローマ字入力が速い理由 | トップページ | 学生気分を抜かない方法 »

デコ」カテゴリの記事