« マラソンの天候は快晴が望ましい理由 | トップページ | 低価法とERPで喜ぶ人とは? »

2008年4月20日 (日)

ベティスの歴史とエピソード

 セビージャ市には、セビージャのライバル「レアル・ベティ」があり、その対戦はアンダルシア・ダービーまたはセビージャ・ダービーと呼ばれている。

 REAL BETIS BALOMPIEReal Betis Balompie
 レアル ベティス バロンピエ

■本拠地スタジアム:マヌエル・ルイス・デ・ロペイラ Manuel Ruiz de Lopera
 (収容人員 52,500人 1929年落成)

■ホーム・ユニフォーム:白×緑 縦縞

■チーム愛称:ベティス(アンダルシア弁により s を発音しないため、ベティと聞こえる)日本ではベティスと表記される。

■レアル・ベティス・ファンの愛称:ベティコ

■チーム名の由来:古代のアンダルシア地方の名称 Betica(ベティカ)

■会長:Manuel Ruiz de Lopera(マヌエル ルイス デ ロペラ)
 ドン マヌエルと呼ばれる彼は幼き頃は苦労人。現在の実業家としての地位を一代で築き上げた。

●ベティコの合言葉
viva el lfp_betis manque pierda
(ビバ エル ベティス マンケ ピエルダ)
「例え負けても、ビバ エル ベティス」の意

 ただし、スペイン語で正しく言うと、
viva el lfp_betis aunque pierda
(ビバ エル ベティス アウンケ ピエルダ)
 アンダルシア弁では、アウンケがマンケという発音になる。

■レアル・ベティの歴史

1907年
設立

1934-35
リーガ優勝(この1回だけ)

1976-77
フランコの死後、総統杯から国王杯に再び改称されたコパデルレイで大会初優勝。

2000-01
ホアキン・サンチェス・ロドリゲス(国籍:スペイン 右MF)がカンテラから昇格。

2004-05
リーガシーズン4位 16勝14分8敗
6月、コパデルレイ2度目の優勝

2005-06
8月13日、スーパーカップでFCバルセロナと対戦
0-3(home)、2-1(away)、二戦通算成績でFCバルセロナが優勝。

9月13日、CL初出場。
グループリーグ1節ホームでリバプールと対戦。
11月1日、CLグループリーグ4節 ホームでチェルシーを1-0で破る。
このシーズン、ここまでプレミアリーグ、CL共に無敗だったチェルシーに初黒星をつけた。

2006-07
8月26日、バレンシア戦で開幕。
そのバレンシアへのホアキン移籍交渉が決着せず、オリベイラの移籍も未定のままシーズンが始まる。
6月、ルイス・フェルナンデス監督解任。
6月17日、最終節で辛うじて2部降格を逃れる。16位 勝ち点40 8勝16分14敗

 このセビージャの2大クラブについては「富裕層のセビージャ、庶民層のベティ」と書いているサッカー資料が多い。
 同じ州のリーガクラブ同士の対戦(ダービー)は数多いが、その中でもアンダルシア・ダービーは穏健とは対極にある対戦といえる。



| |

« マラソンの天候は快晴が望ましい理由 | トップページ | 低価法とERPで喜ぶ人とは? »

デコ」カテゴリの記事