« スジコとアスタキサンチンのサプリはどちらが得か? | トップページ | 世界に一つのおもしろい教科書 »

2008年6月29日 (日)

ユーロのネタバレとデコの移籍先(ネタバレ無し)

 ユーロ2008も、31試合中30試合が終わり、決勝を残すのみ。
 このところ、録画しておいた試合を、翌晩に見る日が続いた。

 ユーロの試合結果は見たくないけれど、デコの移籍情報はチェックしたい。
毎日がネタバレ対策に神経を使う一ヶ月だった。

 「ネタバレ」という言葉は、2005年にミクシィが飛躍的に会員を伸ばした頃から、日常的に聞くようになった。
 1980年にはネタバレという言葉はなかった。
 1990年代に、パソコン通信が普及し始めてから、本、ドラマ、映画の結末をネット上に書く場合は、タイトルに工夫をするよう求められた。
 1995年以降、これにコンサート・ツアーのセットリストが加わった。

 佐野元春が全国10都市でコンサート・ツアーを行うとする。
 最初の会場に行った人が、ネット上に「アンコールでサムデイをやってくれました」などと書いてしまうと、残りの9会場に行く人は、一気に興ざめしてしまう。
 ネットワークのコミュニティがこの世に登場する前は「身近に佐野さんのことを話す相手がいなくて」というのが悩みだった。
 だが、ネットワークの登場で、全国に話し相手ができた。
 ファン同士でしかわからない、レアな話題を共有することはとても楽しい。だが、話し相手がいるがゆえの新たな問題、ネタバレが登場したのである。

 結果を知りたくない人がいる一方で、結果を知っていれば、それについて熱く語りたいというのも人情。
 そこで、ネットワークの住人は「ネタバレあり」「ネタバレなし」でトピックを分けた。佐野元春公式サイトを立ち上げた「元春HP」の場合、ネタバレコミュニティを別につくった。

 2000年代に入りブログが始まり、2005年からミクシィで日記が普及すると、人々はタイトルに「ネタバレあり」を宣言する工夫を始めた。
 もちろん、仲間にメールを送る場合も、同様である。

 こうして、インターネット、夕刊紙、情報の遮断に細心の注意を払ってきたが、結局のところ、デコはユーロが終わるまで去就を明らかにしないと決めていたようだ。

 憶測報道を総合すると、デコの行き先はチェルシーで決まりと思われる。
 チェルシーから誰が出て行き、デコ以外に誰が入ってくるかも興味深い。

 FCバルセロナのグラディオラ新監督は、会見で「ロナウジーニョ、エトー、デコの3人は戦力として計算していない」と述べた。
 100年を超える歴史で、まだ 2度しか欧州CLを制していないクラブが、そのうち 1度の主力となった 3人に送る言葉としては、少々品がないと思うが、そう言わせるだけの不満が、彼にはあるのだろう。

 できることならば、ロナウジーニョ、エトー、デコが3人揃ってチェルシーに移り、2008-09CL決勝でバルセロナと相対するのを見たい。
 生え抜きのグラディオラが、外様の3人を排して作り上げる、統制のとれたバルセロナは、かなり手強いだろう。

| |

« スジコとアスタキサンチンのサプリはどちらが得か? | トップページ | 世界に一つのおもしろい教科書 »

デコ」カテゴリの記事