« 痴漢逮捕協力法 | トップページ | PK廃止法 »

2008年7月23日 (水)

東京マラソン2009落選者数予想

 2008年7月22日、東京マラソン2009(2009年3月22日開催)のエントリー受付が始まった。

第1回(2007年)
参加費:10,000円
募集定員:25,000人
申込者数:77,521
 およそ、52,000人が落選

第2回(2008年)
参加費:10,000円
募集定員:25,000人
申込者数:130,062人
 およそ、105,000人が落選

第3回(2009年)
参加費:10,000円
募集定員:30,000人
申込者数: ?

 第2回までと、第3回の変更点
1.開催月が2月から3月になった。
2.募集定員が5,000人増えた。
3.過去の落選者を優遇当選させるかについて、アンケートが行われた。
(以前、mixiのコミュニティでおこなった分析では、抽選において過去履歴は参照していないことが推察されている)

 東京マラソンは、日本中で開催されるあらゆるマラソン大会と異質である。
 異質にさせる要因は2つ。
(1)全国ネットのテレビ中継がある。
(2)100万人規模の沿道応援がある。

 エリートランナーが走るとはいえ、市民(も走る)マラソンが全国ネットでテレビ放送されるのは東京だけ。
 沿道の応援人数も桁が違う。
 つまり、東京は「見られる」「目立つ」大会なのである。ここが他のレースにはない要素だ。

 見られるということは、見られたい人、目立ちたい人を引き寄せる。
 日頃、走る習慣がなくても、一度出てみたいと思う人が現れる。
 とりあえず応募して、当選したら走りだそうという人も現れる。

 大都市圏(=大市場)を抱えていると、一度軌道に乗ったものは好転を続ける。
 参加費が2万円になろうが、5万人の大会になろうが、エントリーが募集定員を切ることは難しいだろう。
 地方都市の人は「東京だから、何をやってもうまくいくんだよ」とねたむかも知れない。もちろん、それも一理ある。
 だが、祭りには少々のことは目をつぶって力を貸すという風土があって、初めてできることでもある。

 もし、コース沿道の各商店街が、東京マラソン反対の決議をしていたら、7時間制限で、コースを変えずに 3度続けることはできない。
 軸がぶれない推進力と、それを容認する人々がいて初めて、魅力のあるプロジェクトは実現する。

 多くの目に見られて、認められる東京マラソンは、今回もまた10万人を超える落選者を出すと、しらべるでは予想している。

| |

« 痴漢逮捕協力法 | トップページ | PK廃止法 »

しらべるが走る!」カテゴリの記事