« 「子育て女性職場復帰支援法」で労働質が世界一 | トップページ | 炎のたすきリレー »

2008年9月 9日 (火)

いよいよ、びっくりみそかつ

7:33
 定刻を少し遅れて名古屋を出発したN700系のぞみ99号。
 隣には名古屋から男性が乗ってきた。
 ここで、A列からE列まで一気に満席となり、ようやく、お盆の帰省列車らしくなった。

 このお盆列車状態は、名古屋から広島まで続いた。
 名古屋には国際空港はあるものの、東京、大阪 に行くには電車のほうが手軽。
 名古屋-福岡間だと空の便になるが、広島までだと新幹線が使われるようだ。

 今日初めての食事であり、「コーヒーは美味しくなったのか?」につづく、この旅2つめのチェックポイント
 「びっくりみそかつ」にとりかかる。

 ふたを開けるとまず、写真を撮る。
 さっきの巨大段ボールといい、そこから出てきた二つの弁当、写真撮影・・
 隣の兄ちゃんが引いているのがわかる。

Photo

 「こいつ、きっとブログに書くんだな」
 と思っただろう。
 おっしゃる通りです。

 びっくりみそかつは、1999年、700系のぞみ号運行記念として発売された。
 みそかつ弁当の第一号でもある。

 みそかつ弁当の代表格として、複数の駅弁ガイド本に取り上げられている。
 事前にチェックした3冊すべてに載っていた。

 事前の調べで、最初にわかったことは、
■東海道新幹線の車内販売では販売していない。

 カートで売りに来たのを
「みそかつ、ある?」
とやるのが旅の粋だと思うが、そんな粋よりもやはり、みそかつで一番有名な弁当を食べたい。

 つづいて、調べてわかったことは、
■名古屋駅 新幹線ホームのあちこちの売店で販売している。
■13号車付近に、だるまの売店があり、そこで販売している。
■事前に予約しておいて、列車のドアまで届けてもらうサービスがある。

 ということで、事前申し込みをして、今、目の前にある。

 まず、ささやかな添え物、マカロニサラダを一気にいく。
 これは、かなりうまい。

 さて、本題。180gの豚ロースを使ったみそかつ
 とんかつは切れてない。
 同梱されているプラスチックのナイフで一口めを切る・・

 それがなかなか切れない・・



不定期で続く


|

« 「子育て女性職場復帰支援法」で労働質が世界一 | トップページ | 炎のたすきリレー »

旅行・地域」カテゴリの記事