« 名古屋から乗ってきた巨大弁当 | トップページ | もっと想像力を!想像でものを言うな! »

2008年9月 3日 (水)

もりわきけんじ?あぁオリンピック選手ね

「走る男」というテレビ番組を、知人に説明する時のトークはこうだ。

「タレントの森脇健児が、北海道から沖縄まで、1年かけて走っているんだけど、それを放送する30分番組。でもまだ10局しかネットしていなくて、西は神戸までだから、あまり知られていないけどね・・ 」

 

するといつも、このような会話になる。

知人「えっ、今も ずっと走ってるの?」
moto「いや、走っては、いったん自宅がある京都に帰って、また戻ってきて続きを走るんだ」

 

知人「神戸から西に行ったら、放送してないから、誰もわからないんじゃないの?」
moto「するどい指摘だね」

 

知人「もりわきけんじ? あぁ、あのオリンピック選手ね」
moto「いや、それは森末慎二」

 

実は僕も同じ勘違いをしていた。
番組を見始めの頃は
「オリンピック選手の森脇健児が・・」
とやっていた。

 

「代走!走る男」バスには栃木県の巻で登場した方がいたが、その回の放送は、テレビ神奈川では、代走日の夜に放送されたため、僕は知らなかった。

 

「走る男」ウェブサイトで有名らしい方もいたが、ウェブサイトはあまり見ていなかったので、そちらも知らなかった。

 

「濃いファン」という言い方があるが、この日までの自分は、その逆をいく「薄いファン」だったのだ。

 

だが、そんな自分にもできることがある。
それは
「いってらっしゃい」
「おかえりなさい」
と元気よく声をかけて、代走仲間を送り出し、出迎えること。

 

このバスの旅が終わるまで、できるだけ大きな声を出し続けた。

 

自己紹介は、代走順の名簿に沿ってリレーされている。
終わりがけ、ようやく僕の順番が回ってきた。

 

「団体行動が苦手なのですが、今日は思い切って参加してみました」
ずっと、そう言おうと考えていた。

 

だが、このバスの雰囲気に、そういう斜に構えたコトバが似合わない。
とっさに口をついて出た言葉は、全然、考えていない原稿だった。

 

「森脇さんが近くにきたら、伴走したいと思っていましたが、今日は代走ができてよかったです」

絵に描いたような無難なコメントだ。
いい人の輪にいると、人は「いい人モード」に入るのである。

先に「駅伝」を終えてきた、件の素人「走る男」がバスに帰ってきた。

不定期でつづく

| |

« 名古屋から乗ってきた巨大弁当 | トップページ | もっと想像力を!想像でものを言うな! »

しらべるが走る!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古屋から乗ってきた巨大弁当 | トップページ | もっと想像力を!想像でものを言うな! »