« サッカー解説者のため息 | トップページ | MARUHAフィッシュハンバーグを探す旅 »

2008年11月24日 (月)

レモンステーキ弁当 佐世保

N700系で行く品川博多の旅【 +4 】

 N700系のぞみ号では ガイドブックから選びに選んだ 2つの駅弁を食べた。

 ただ、あと二つとても気になる弁当があった。
 ガイドブックに必ずといいほど載っている。
 だが、新幹線沿線ではない。
 そのうちの一つが佐世保駅の「レモンステーキ弁当」だ。

Photo

2  朝10時に佐世保駅に寄った。
 コンコースのど真ん中に、こぢんまりとして上品な構えの駅弁売り場がある。
 レモンステーキ弁当が並んでいた。

 この後、長崎に行く予定があり、佐世保に戻って来るのは夕方になる。
 果たして、その時間まで「レモンステーキ弁当」は残っているだろうか?

moto「夕方来るんですけど、レモンステーキ弁当まだありますかねぇ?」
おばちゃん「もうここにある2個だけですからねぇ・・」

 レモンステーキ弁当は松僖軒が1日10個限定販売。
 8:30から売り始めるので、概ねお昼までには売り切れてしまう。なお、松僖軒という名前はこれまで聞いたことはなかった。

 
 その場で買うことにしたが、その日は35度を超えた猛暑。持ち歩くわけにもいかない。
 すると、この売り場は15時には閉まるのだが、近くにあるうどん屋さんで預かってくれるという。同じオーナーが経営しているのだろう。
 お言葉に甘えることにした。

Photo_2

Photo_3

 それから10時間後、うどん屋さんで受け取った弁当をつっつく。
 牛肉の美味さがごはんにしみていて、おいしい。
 同梱のたれをかけると、さらに味が引き立つ。

 この弁当で、特筆に値するのはタマネギのレモンソース煮。
 タマネギをここまでおいしくするには、長い時間かかったのだろう。カレーに使うあめ色になるまで炒めたタマネギのよう。
 ほんの少ししか入っていないのが、口惜しい。
 この弁当は玉屋のサンドイッチ「佐世保サンド」と並んで、佐世保に帰った時の欠かせない味になった。

 もう一つ、気になっていた弁当は「ながさき鯨カツ弁当」
 こちらは10時から長崎駅で5個限定販売。
 今回の旅ではその時間帯に長崎駅に行くスケジュールが組めなかった。
 次の夏にはなんとしても現地で食べようと考えている。

|

« サッカー解説者のため息 | トップページ | MARUHAフィッシュハンバーグを探す旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事