« デコ故障 | トップページ | パソコンに名前をつける理由 »

2008年11月 3日 (月)

マックアドレスはマックのアドレスではない

 パソコンは、本来4つの名前を持っています。
 わかりますか?
 4つとも言えたら、パソコン上級者と言えます。

答は・・
 機種の愛称
 型番
 コンピューター名
 マックアドレス

 機種の愛称は、東芝「ダイナブック」 シャープ「メビウス」 SONY「バイオ」などです。
 ネット直販のパソコンには、愛称がない機種のほうが多いです。

 型番はメーカーが決めた機械の識別番号。
 メーカーと消費者をむすぶキーとなります。
 最近は、カカクコムやコネコネットで値段を調べる人が多いので、一つの型番で同一シリーズの複数機種がヒットするよう、付番されています。
 メーカーとしては、より利益率が高い高機能の機械を売りたいからです。

 コンピューター名は自分で決めます。
 基本的には、どんな名前でもかまわないからです。
 ただ、企業のLANでは、ネットワーク管理者がネーミング・ルールを決めることがあります。

 マックアドレスときいて
 「ボクはWindowsだから関係ない」
 と思った人がいるかもしれませんが、マック(アップルコンピューター)のアドレスではありません。

 MACアドレス=Media Access Control アドレス
 ネットワークに接続するパソコンと周辺機器に、製造時に付けられる固有番号。
 すべてのネットワーク対応のパソコンと周辺機器が唯一無二な番号を持っている。

 技術者が書いた用語集では
イーサネットカードの番号」
ネットワークカードの番号」
 とだけ書いてあります。
 これでは、なんのことだかわかりませんね。

 LANでインターネットを使っている方ならば、IPアドレスを知っていると思います。
 では、MACアドレスとIPアドレスは、どう違うのか?

 IPアドレスはインターネット上での、そのパソコンの番地。
 IPアドレスはプロバイダー、ネットワーク管理者が決めて、そのパソコンに割り振る番号です。

 MACアドレスは、すべてのパソコンに製造時に付与される番号。
 MACアドレスは世界で統一された規格で割り振る番号で、後から変えられません。

 では、LANではない、自宅のパソコンはMACアドレスは使っていないのかというと、そうではありません。
 IPアドレスはパソコンの内部で、MACアドレスに変換されているのです。

 パソコンもプリンターもMACアドレス無しでは、いかなるネットワークにもつながりません。
 インターネットが普及した後に製造されたパソコンとネットワーク対応の周辺機器では、MACアドレスがない機械はないのです。

 一般人がMACアドレスを知らなくてもインターネットに接続できるのは、機械が読み替えているからです。

●パソコンのMACアドレスの見方
・Windows XPの場合
スタート>すべてのプログラム>アクセサリ>コマンドプロンプト
   ↓
>ipconfig -all と入力して[ Enter ]を押下
   ↓
Physical Address.....: の欄に表示されているのがMACアドレス。

|

« デコ故障 | トップページ | パソコンに名前をつける理由 »

パソコン」カテゴリの記事