« MARUHAフィッシュハンバーグを探す旅 | トップページ | 荒川市民マラソン エントリー締切 »

2008年11月26日 (水)

マルハのハンバーグとの再会

N700系で行く品川博多の旅【 +6 】<最終話>

 MARUHAフィッシュハンバーグとの、この夏の再会はあきらめて、東京に戻った。
 これは一度、安否をマルハに尋ねた方がよさそうだ。

 まず、ホームページを閲覧。
 会社名がマルハニチロに変わっていた。
 掲載されているフィッシュハンバーグは「DHA入りリサーラハンバーグタイプ」「ライトバーガー」「ランチバーガー」の3商品。
 お目当てのMARUHAフィッシュハンバーグは見つからない。

 予感は確信に変わりつつある。
 恐らく、MARUHAフィッシュハンバーグはもう作っていないのだろう。
 数日後、問合せの回答が届いた。
 やはり現在作っているのはホームページに載せている3点のみ。
 それも近隣で買えるのは「DHA入りリサーラハンバーグタイプ」だけだった。

 早速、教えてもらったスーパーへ出かける。
 3個だけ在庫があった。

Dsc05942
 いつものように切って食べ、焼いて食べる。
 だが、落胆した。
 噛むと崩れる歯ごたえ。舌の奥に残る塩辛さ。どれもがない。

 こうして、MARUHAフィッシュハンバーグを探す旅は、もうお目当ての相手が存在せず、替わる品もないという結論を得て終わった。

 ・・・と思っていたら、佐世保の親戚から、マルキョウのある店舗でMARUHAハンバーグを発見したというメールが届く。
 とりあえず 5個買っておいたけど、お店の人に尋ねたところ「倉庫にあと2箱あります」という。

 そうか。市場在庫というやつがあったか。
 ただ、賞味期限を過ぎれば在庫があっても、もう店頭から撤去されるはず。これがマルハのハンバーグを食べる生涯最後のチャンスになる。

 「倉庫ごと買ってきて!」
 ただちに返信した。
 ところが3日後、お店に行くともう跡形もなく売り切れていたという。
 世の中には、僕のようなMARUHAフィッシュハンバーグファンが他にもいて、必死に探していたのだろう。

 数日後、最後の5個が届いた。
 まず、1個そのままかぶりつく。身が崩れる。塩辛い。これだ、それでこそマルハのハンバーグだ。
 つづいて厚切りにして焼く。
 サラダ油を真綿のように吸うのが気になるが、その美味さには換えられない。

007

 チャーシューで埋まったチャーシュー麺さながらに、サンポー焼豚ラーメンとの黄金の組み合わせでも一個いっておく。
 もう味などどうでもよくなっている。

 さて、残りの1個は賞味期限切れの日まで、とっておこう。
 そうして非常食入れのリュックにハンバーグを仕舞った日。
 親戚から一通のメールが届いた。

 また、マルキョウにあったけん。
 30個買っておいたよ__

Ham  その30個を食べながら、新発見をした。
 前回、輪切りでは中まで熱が通らなかったが、ハンバーグを千切りにしてカップ麺に入れて3分待つ。ハンバーグの風味が熱で溶け出して、ラーメンと抜群の相性になった。

|

« MARUHAフィッシュハンバーグを探す旅 | トップページ | 荒川市民マラソン エントリー締切 »

旅行・地域」カテゴリの記事