« 落選をメールで知らされるという気分 | トップページ | RZ350で三瀬を攻める (登りだけ) »

2008年12月25日 (木)

三度、だめかと思った。

 RZ350発売当時、ヤマハから車体と同じカラーリングのヘルメット CLC350 が35,000円で販売されていた。欲しかったが、お金がなくて RZ50用のCLC050、15,000円をかぶっていた。

 バイクは盗難に遭うことが多い乗り物だが、特にこのバイクのオーナーには盗難経験者が多い。
 ある時、乗ろうとすると 鍵穴が壊されていた。
 盗難未遂である。
 そのバイク置き場は、壁一枚隔てたとなりが交番だった。そのバイク泥棒も肝が据わっていたものだ。
 よほど欲しかったのだろう。

 その頃、クルマを買って以来、バイクに乗る機会が減っていて、
バッテリーがあがらぬようマイナス側の接点を外していた。
 それで命拾いした。
 バイク泥棒は直結したのに、エンジンがかからず諦めたのである。

 このバイクでは三度怖い目にあった。
 一度めは福岡の峠道。
 初めて通るカーブが、思いの外奥が深く、曲がりきれなくなった。
 カーブは右カーブ。
 ガードレールはあるが、転倒して滑るとガードレールをくぐり抜けてしまう。
 その先は切り立った崖。
 まず助からない。
 その時、一瞬ケニー・ロバーツになった僕は、いつになく深くバイクを倒した。
 ステップが地面に接して音を立てた。
 すると何事もなかったかのように、バイクはコーナーをクリアして巡航をつづけていた。
 削れたステップはやがて、その部分から錆びていったが、その錆びは、ここまでバイクを倒したという証となった。少し誇らしかった。

 二度めは佐賀県から国見峠を越えて佐世保に下る道。
 一か所だけ極端に深い左カーブがある。
 親戚がセンターラインをオーバーしてきたクルマと正面衝突したことがあった。
 わかっていたが、曲がりきれずセンターラインを超えた。
 観念したが、対向車がこなかった。

 三度めは沖縄でのツーリング。
 琉球大学に進んだ旧友と5台で沖縄一周。
 南国の太陽でつるつるになった路面。見るからに滑りそうだ。
 そこを地元のやつらはお構いなしにとばしていく。
 RZ350に乗る僕が、XL125やRS250に置き去りにされる。
 負けられない・・
 そう思ったとたん、左カーブで曲がりきれなかった。
 対向車は・・
 
 なんと大型ダンプがきた。
 その距離が 3m 2m と近づいてくる。
 最期だと思った。
 そしてぶつかった。
 すごい音がした。

 1分後、路肩にとめたバイクに仲間が駆け寄ってくる。
 ところが、バイクは右ミラーが割れただけだった。
 不思議なことに、そのミラーのゴムパッキンが、左のチェンジペダルに絡んでぶら下がっていた。
 いったいどうやって、体勢を立て直したのかまったく覚えがない。

 他人と走るのはこれで懲りた。

つづく



| |

« 落選をメールで知らされるという気分 | トップページ | RZ350で三瀬を攻める (登りだけ) »

自動車/交通」カテゴリの記事