« ATOKの買い換え時 | トップページ | アカシックレコードと重なるもの »

2008年12月19日 (金)

「ん」変換のために3,465円

 ATOK for Windows mobile は、携帯電話、スマートフォン用のかな漢字変換ソフト

 2008年6月発売の WILLCOM 03 WS020SH(通称 W03)には使える。
 2006年7月発売の W-ZERO3(通称 es) には使えない。

■発売日:2008年9月30日
■メーカー販売価格:パッケージ版 5,565円。

 パッケージ版とは別に、ダウンロード版もある。
 過去にジャストシステムにユーザー登録していると安く買える。
 AAAダウンロード版は 3,465円で買えた。
 この商品はAmazon 、カカクコムで検索しても出てこなかった。

 設定はとても簡単。
 ダウンロードしてから、10分後にはW03で使えていた。

◆ダウンロード版をWILLCOM 03 WS020SH(以下W03)のmicroSDカードにインストールする手順
(前提:microSDカードを増設している)

▼パソコンでダウンロードしたファイルをダブルクリック
 ATOKPWM.CAB というファイルができる。
   ↓
▼ATOKPWM.CAB を パソコンから W03の program filesにコピー
   ↓
▼W03の操作
 ファイルエクスプローラで ATOKPWM.CAB を見つけて、クリック
 手順に沿って、インストール
 インストール先は「デバイス」「microSDカード」と聞いてくるので、microSDカードを選択
 再起動を求めるダイアログが出るので、再起動する。
   ↓
 これで、W03側では何も設定しなくても、ATOKが使えるようになっている。
 SDカードにインストールできるのは助かる。これで、本体メモリーを使わずに済む。

 ATOK for Windows mobile を買った理由は「ん」の変換に尽きる。
 標準辞書では「ん」の変換が大変なストレスだった。

みぶんが → 身分が
という変換を例に取ると、
ATOKでは m i b u n g a
標準辞書では m i b u n n g a

ATOKでnを省略できる変換に慣れていると、このn×2回打ちは耐え難い。
何度も "みぶnが"とやってしまった。

 単語登録も快適になった。
 標準辞書では、もうどうやっていいのか覚えられないほど、手順が複雑だったが、ATOKでは
 [Ctrl]+[.] で登録画面が開く。

 連文変換全体が快適なのは、パソコンで使っているATOKそのまま。
 これで 3,465円は安い。

■メーカー販売サイト
ジャストシステム ATOK for Windows Mobile 販売ページ

【 関連記事 】
MS-IMEからATOKへの引越し
ATOKからMS-IMEへの引越し
ATOKの違うパソコンへの引越し
ATOKの登録単語を一斉に変更する

ATOK17の使い方
ATOK2007
ATOKが使えなくなったら



|

« ATOKの買い換え時 | トップページ | アカシックレコードと重なるもの »

パソコン」カテゴリの記事