« 織田裕二の問いかけ「君たちは誰だ?」 | トップページ | スコラーリのジャンパーとデコのグローブ »

2009年1月24日 (土)

帰ってきた元春に見合うラジオ

 元春がラジオに帰ってくる。

 元春レディオショー
 3月31日(火)復活
 NHK FM
 毎週火曜 23:00~24:00

 かつて、元春の当番は「サウンドストリート」月曜日だった。
 *サウンドストリートは月~金 毎晩22時からの帯番組。

 「ブルーマンデーをぶっ飛ばせ!」
 と元春が言うと、本当に目の前が明るくなるのを感じた。

 「もう、月曜日終わりですけど・・」
 とは、決してつっこまなかった。

 第1回放送では、スタジオライブをやった。
 今、聞き直すと、元春の声の若さに、椅子から転げ落ちそうになる。

 モトハル レディオ ショー♪
 のジングルがいかしていた。
 僕がカセットテープにエア・チェックしておいたそのジングルは、Moto's Web Server が立ち上がる時、その音源として使ってもらった。

 最終回は、落ち着いた元春だった。
 「夢を夢のままにせず、夢にちかづく努力をする」
 という元春のメッセージが、長く座右の銘だった。

 当時、ラジオはカセットについていた。
 まだ、スピーカーが一つだけのラジカセ。

 ソニーのラジカセ「スタジオ1980」が喉から手が出るほど欲しかった。
 玉屋の裏にあるソニーのお店に、スタジオ1980のでっかい張りぼてが置いてあり、これが欲しいですと泣いて頼みそうになった。
 ソニーのウェブサイトによると、70万台も売れたそうだ。

 ナショナルのクーガもかっこよかった。
 その頃BCLブームが来ていて、ベリカードが欲しかった。
 (なんか、時代考証合ってないな)
 ジャイロアンテナを電器屋に行く度に回していた。

 さて、元春がラジオに帰ってくる。
 手元にあるFMラジオと言えば、時計にオマケでついているものだけ。
 どうも、これでは気分が出ない。
 クルマにはFMがついているが、深夜の駐車場で、ぽつんとラジオを聴いているのは怪しい。

 さっそく、元春を聴くためのFMラジオ探索にはいった。
 まずはYahoo!商品検索+ヤフオク込み
 一応AMもついていた方がいい。
 キャラクター、あるいはデザインがぐっとくるものが欲しい。

 FMラジオ AM 元春
 FMラジオ AM キースへリング
 FMラジオ AM デコ

 いわゆる、collaboration radio を探していくが、一件も該当なし。

 スタジオ1980、ナショナルクーガ それぞれレトロ品として、ヤフオクに出てはいるが、どれもジャンク扱い。
 懐古趣味だけで、機能しないモノを持つわけにはいかない。

 そうこうしているうちに、ウィルコムW03につないで、FMラジオを聞く方法があるのではないか?と考えた。
 スマートフォンに使えるものならば、パソコンでも使えるだろう。

 ウィルコム FMラジオ
 そのキーワードが、ぐっとくる逸品をたぐり寄せた。

つづく

| |

« 織田裕二の問いかけ「君たちは誰だ?」 | トップページ | スコラーリのジャンパーとデコのグローブ »

音楽」カテゴリの記事