« 東京マラソンは走りづらい。 | トップページ | 銀座での復活 »

2009年4月 9日 (木)

耳に水が入ったら

入浴中、左の耳に水が入った。
シャンプーをシャワーで、洗い流していた時だ。

ほんの一瞬、左の耳をいい角度で水流が直撃した。
時間にして 0.5秒
それでも、人を悩ませるには十分な水量が侵入する。

前回、耳に水が入ったのは、2005年2月。
今回同様、シャワーが左耳を直撃した。

子供の頃、川で泳いでいてよく水が入った。その時は、熱い石を耳の裏に当てていたが、あいにく家には熱い石を常備していない。
タオルを熱く蒸して当てたが、水は出ていってくれない。
ネットで調べても、的確な解決方法は見あたらなかった。

その夜は、水が入った方の耳を下に向けて寝た。
しかし、朝起きてもまだ、耳の中でごろんごろんと音が鳴っている。

中耳炎というのに、なるのではないか?
心配になって、耳鼻科の門をたたく。
実際に門はないので、すみませんと言って保険証を出した。

先生は耳に、なが~い綿棒をつっこんだ。
ぐわっ そんな深く・・
思わず、体に力がはいる。
綿棒を抜くと、ずいぶん楽になっていた。

先生の説明はこうだ。

・蒸発するのを待てばよい。 通常はそれで治る。
 概ね、半日ほど活動していると水が蒸発して治る。
・水は鼓膜のそばに到達している。
・耳の中でごろんごろんと音がするのは、水が動く音。

・どのように水が入っているか?
 耳の穴は下に向かって「く」の字型に曲がっていて、そこにたまっている。鼓膜の前で止まっている。

前回の記録が残っていたので、今回は慌てずに済む。
耳鼻科には行かず、蒸発を待つ。
試しに、家にあった綿棒で拭き取りを試みたが、これはダメ。
鼓膜は、家庭用綿棒が届くようなところではなかった。

念のために、左を下にして就寝。起きても「ごろごろ」という音がするのは変わらない。
通勤や、仕事をしている時は頭が傾いていないので、気にならない。
14時間経過、頭を傾けるとまだ耳の中で音がする。

15時間28分を経過した時、左耳が抜けたような感覚が走る。
お、蒸発か?
試しに、頭を左に振って戻してみたところ、もうごろんごろんは聞こえなかった。

耳鼻科に行くか?
半日過ぎても、または一晩寝ても治らない場合、中耳炎の経験者は耳鼻科へ行った方がよい。
鼓膜に穴が開いている人は、鼓膜よりさらに内側へ水が入り炎症を起こす。

中耳炎経験者ではない場合は、24時間までは蒸発を待つとよい。
中耳炎などの経験がない人は、放っておけば治るのだが、耳鼻科へ行けば鼓膜のところで止まっている水を拭き取ってもらえる。
その際、かなり奥まで細い綿棒を突っ込む。

耳鼻科の先生が言うには「素人がこれをやると、外耳炎を起こす危険性がある」とのことだった。

| |

« 東京マラソンは走りづらい。 | トップページ | 銀座での復活 »

心と体」カテゴリの記事