« 2009湘南国際マラソン 受付始まる | トップページ | 今江問題 »

2009年5月 5日 (火)

旧1号がやってきた

 旧1号が登場する回は、わずかだった。

 その中には、暗闇で複眼が点滅するシーンがある。

915_light  ウルトラマンのカラータイマーで「点滅」すなわち「危機」あるいは、クライマックスであるというアンカーが打たれていた僕ら子供達は、いったいこの「点滅」は、何を意味するのかと、どきどきした。

このライトは単3アルカリ乾電池4本でつけている。室内の間接照明として、なかなかクールである。ただし、一晩つけたままにしたら、朝には電池が切れていた。

旧1号の手袋は緑である。

そう思っていたが、実際にはいろいろな色がある。

淡い緑の手袋もあれば、シルバーに見えるものもある。

1494933_img これは現在、我々が見る旧1号が「写真」だからだ。

元々、撮影用に複数のコスチュームがあり、それを撮影する時の天候、カメラの設定によって、色めが大きく変わる。

グローブはマジックテープで留める。ディスプレイして置く時、旧1号はいろいろな姿勢を取り、腕の角度も変わる。その時、いろいろな位置で留められるマジックテープは、とても便利である。そして、この手袋こそが、旧1号の表情を決めているのであるということを知った。

今度、洋服店に行った時、マネキンを観察してほしい。その姿の印象を決めているのは、どこなのか。あるいは、そのマネキンが五本の指を均一に揃えていたら、印象はどう変わるか。

旧1号のブーツは内側にファスナーがついている。バイクのブーツは後ろにファスナーがついているも1494934_img のが多く、閉めづらい。冬場にウォームスーツを着込んでいる時など、ブーツのファスナーを上げるのに苦労する。

ヨコについている旧1号のそれは、楽な姿勢でファスナーを上げられる。

バイクのブーツは、左足甲に、チェンジペダル操作ですり減らないよう、当て革が付いているが、旧1号のブーツにはついていない。いくつかのフィギュアを確認したが、どれにもついていなかった。

コンバータラングは6つに割れている。筋肉がむき出しになっている姿を見て、僕915_converter2 らはその強さを印象づけられた。ボディビルという言葉を知るのは、後にミル・マスカラスが来日した時であり、ブルワーカーとの出会いもまだ先だ。

この筋肉はずっしりと厚い。一度、旧1号とハグをしたら、その胸板の厚さに思わず、違う世界にいってしまいそうになるだろう。

子どものころ、当時の資料や雑誌を見て、コンバーターラングがついているジャケットには、中央にファスナーがあることはわかっていた。人間がコスチュームを羽織っているということは一目瞭然。

それでも、誰かが時々「ファスナーついてるじゃん」とつっこんだところで、周りはその意見をスルーした。僕らは夢を見ていたかったのだ。

"もどき"とはいえ、実際にそれを着る日が来るとは思っても見なかった。ジャケットを羽織り、ファスナーを上げる時、身が引き締まる思いと、緊張感に包まれた。

旧1号情報

|

« 2009湘南国際マラソン 受付始まる | トップページ | 今江問題 »

コレクター」カテゴリの記事