« 一刻も早く禿げる方法 | トップページ | 先攻チェルシー : 後攻バルセロナ »

2009年5月30日 (土)

禿げたくない人の5段階

 どうしても禿げたい人のために、前回「一刻も早く禿げる方法」をご紹介した。
この通りにやれば、九分九厘禿げることができる。

 一方で、禿げたくないという人は多い。
 頭髪は女性ホルモンでできており、禿げは男性に偏っている。
 禿げたくない男性が中年にさしかかった時、禿げは大きな問題である。
 そこで、今度は、禿げない方法についても、考えてみよう。

 禿げたくない人がとる対策には、5つの種類がある。
 それを、人為的な方法の順に並べると、以下のようになる。

 かつら
  ↓
 増毛
  ↓
 植毛
 ↓
 育毛
 ↓
 発毛

 「かつら」
 今から12年前、大手ヘアケアメーカーの毛髪診断士 から「50万円くらいで作れるという会社もあるが、そういうのは粗悪品。いいものは100万円はする」と聞いた。
 同僚に、数人かつらの人がいるが、かぶる前は禿げの話題にオープンだった人も、かぶった途端、その話題をぴたりと口にしなくなる。
 費用的には、後に触れる自毛植毛と同程度。
 一度割り切ってしまえば、髪についての悩みが消える「かつら」
 からだ本来の力を引き出すことで、やましい気持ちはないが、日々の不安は消えない「自毛植毛」
 この2つが、禿げ対策の両対極に位置する。

 ↓

 「増毛」
 髪の毛は一つの毛根から3本生える。
 ヘアサロン=育毛サロンに行くと、拡大カメラを使って頭皮の状態を見せられる。

 「ほらほら。1つの毛根から、ここは3本生えてるでしょ?これは普通なんですよ。でも、こっちは1本しか生えてませんよね。もう、ここだけで髪は3分の1に減っているんです」
などと言われて、へぇなるほどぉと感心するのがお約束だ。

 増毛は、毛髪カウンセリング会社で行われている施術。
 人工の髪の毛を、残っている天然の髪に結わえる。
 この作業はすべて、手作業。
 仮に1本の髪に、2本の人工毛を結わえ付ければ、髪は一気に3倍である。

 ただし、天然の髪は伸びる。
 伸びると結わえた部分が地肌から浮いてしまい 「枝毛か?」と突っ込まれかねない。
 髪が伸びる度に、結わえ直すことになり合理的ではないということで、増毛は廃れている。

 黒いスプレーを頭皮に振りかけて、髪が多いように見せかけるという商品も売られているが、万が一、地肌に色素が沈着したら、本当のスキンヘッドになった時、そうとう気まずい。

 ↓

 「植毛」
 頭皮に髪の毛を植える手術のこと。
 古くは、人工毛髪を植える手術。
 植毛していた同僚によると 「手術の時は血まみれになる。頭皮が傷むし、植えた髪が抜けてしまうと、再手術しなければならないので、定期的にお金がかかる」とのことだった。
 この話をきいて、植毛には絶対的な拒否反応があった。
 だが、現在は、植毛と言えば、自分の髪を植える「自毛植毛」
 こちらは、かつての「植毛」とは、様子が違うようだ。

つづく

| |

« 一刻も早く禿げる方法 | トップページ | 先攻チェルシー : 後攻バルセロナ »

心と体」カテゴリの記事