« デコに敬意を! | トップページ | 困ったウェブサイトを作っているのは・・・ »

2009年6月22日 (月)

香川県に行って、さぬきうどんに玉子を落としたい

 香川県には、一度も足を踏み入れたことがない。だから、高速道路が安い間に、ぜひ足を踏み入れたい。

 香川と言えば、日本一面積が小さい県。
 日本一大きい北海道の44分の1である。

 面積が小さいことを配慮してか、瀬戸内海をはさむ岡山県との境界線は、かなり岡山寄りに引いてある。
 ベネッセの施設で有名な直島も含めて、大半の島が香川県に組み入れられているのである。

 直島は、瀬戸内海に浮かぶ27の群島。香川県香川郡直島町。
 島の南部 琴反地をベネッセ・コーポレーションが開発した。

 1989年、福武書店 後にベネッセコーポレーションが、直島文化村構想の一環として、国際キャンプ場をオープン。
 1992年、ベネッセハウスをオープン
 ベネッセは教材会員の子供達と、この地で定期的にキャンプを行っている。

 岡山県児島と香川県坂出市間には、本州四国連絡橋3本のうちの1本、瀬戸大橋がかかっている。
 大阪南港を新門司に向かって20時に出発するフェリーでは、まだ起きている時間帯にこの橋の下をくぐる。
 たくさんの人がデッキに出て、ライティングされた瀬戸大橋を見ながら涼をとる。
 瀬戸大橋は、上が自動車専用道路、下がJRの二階建て。
 鉄道が走る橋としては日本最長。世界では二番め。

 お遍路さんが行く「四国霊場八十八カ所巡り」の65~88番札所がある。
 八十八カ所巡りは、徳島県の一番札所 霊山寺をスタートし、高知県、愛媛県を経て、香川県さぬき市の88番札所 大窪寺がゴール。
 おへんろさんは、八十八カ所を巡礼する人を地元の人が呼ぶ愛称。

 「走る男」森脇健児が駆け上った 1368段の石段で有名な金刀比羅宮、通称こんぴらさんが仲多度郡琴平町にある。
 2008年10月には、第43回石段マラソンが行われている。
 今年の情報はまだ見付からないが、いつかは出てみたい大会である。

 福士加代子がアジア最高記録を出した「香川丸亀国際ハーフマラソン」は、うちわの産地として有名な香川県丸亀市で、2月に行われる。

 香川県を訪れる最大の楽しみは、さぬきうどん。
 製麺所が営む、人気の高い食堂がたくさんある。
 山越うどんが始めた、卵をうどんにからめる「釜卵」の人気が高い。
 ネット上には「うどんのカルボナーラ」と紹介されており、カルボナーラファンにとっては聞き捨てならない。
 玉子を落として食べると美味い「伊勢うどん」と、どう違うのか。
 できれば、山越うどんに行き、この舌で確かめたいところだが「高速道路1000円」を使って行くので、高速のサービスエリアで、玉子を落として食べることになりそうだ。

47全都道府県制覇!

|

« デコに敬意を! | トップページ | 困ったウェブサイトを作っているのは・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事