« 小学校英語授業の歴史 | トップページ | 着ることのない新ユニフォーム »

2009年6月13日 (土)

東京スカイツリー 彼の成長を見守りたい

 東京マラソンでは、雷門が遠かった。
 銀座から日本橋を過ぎると、すぐそこかと思っていたのに、いつまで経ってもビル・ビル・ビル・・
 いったい、なんであんなに遠かったのか。
 それを車で走ってみることにした。

 銀座4丁目の交差点から、カーナビで「雷門」を検索。
 日本全国には、雷門がたくさんあるようで、なかなか浅草の雷門は見付からなかった。
 画面の指示に従いながら、日本橋を過ぎ、右折・左折を繰り返して、松下幸之助の寄付で再建された雷門をめざす。

 これが、遠かった・・
 車で走っても、これだけ遠いのである。
 自分の足で走れば、確かに遠かったはずだ。

 来年初めて、東京マラソンを走る友達がいたら、ぜひとも教えてあげたい。

 銀座から雷門の往復が勝負だ!
 右左折が多いのは、6時間級ランナーには影響ないが、くせ者はアップダウン。
 いくつかの橋を渡るために、小刻みな起伏が続くのである。
 車で走っていて、それを思い出した。

 さて、雷門に着いた。
 雷門の周辺は黒山の人だかり。やたらと若者が引く人力車が目立つ。
 雷門を正面にみて信号を右折すると、マラソンコースではすぐにまた急角度の右折がある。
 コースに沿って、銀座へ戻ろうと思っていたら、8時から20時は右折禁止だった。

 仕方なく、アサヒビールのオブジェがあるビルの方へと直進。隅田川を渡る。

 ん、隅田川?

 そうだ、東京スカイツリーを見に行こう。

 スカイツリーの住所~東京都墨田区押上1-5~をカーナビに打ち込むと、もう目と鼻の先。
 2か月前にホームページを見た時、現在の高さ
11.8m とあった。
 まだちっぽけな工事現場なのだろう。
 近くにコインパーキングはあるだろうか?

 などと考えながら、走っていたらいきなり、ビルの間からクレーンが見えた。
 嫌な予感がした。

Sky1

 

そう。
 彼は(男か?)あっという間にでかくなって、空に突き抜けていたのである・・

 というのは嘘で、普通のビルようだった。

Sky2

 

ジャスコか!

 思わず、ツッコミを入れた。

 近くからでは、レンズをいっぱいに引いても全容がわからない。
 車で1kmほど離れて、遠景を収めた。

Sky3

 

現場はツリーを三角柱の足場が覆うようになっていた。
 完成は2011年冬。
 まだ2年半もある。

 610mの建物をこの目で見たことはない。
 完成すれば、たくさんの人が訪れ、皆それぞれに驚愕の声を上げるのだろう。

 また、ここに来て、彼の成長をカメラに収めたくなった。
 定点観測するために、足下の目印を決めて、メモを取った。

 それにしても、わずか2ヶ月で、そんなに大きくなるものだろうか。ほんとはやっぱり、ジャスコだったりして・・

 数ヶ月後につづく・・・

|

« 小学校英語授業の歴史 | トップページ | 着ることのない新ユニフォーム »

旅行・地域」カテゴリの記事