« 東京スカイツリー 彼の成長を見守りたい | トップページ | 豊田町のホタルまつり »

2009年6月14日 (日)

着ることのない新ユニフォーム

5月10日
プレミアリーグ away アーセナル ○4-1
4位のアーセナルを敵地で破り、CL本戦出場権を引き寄せた。
CLの敗戦から数日、チームは崩れることなく、いい試合をファンに見せた。
デコはベンチ入りしていない。

5月17日
プレミアリーグ home ブラックバーン ○2-0
ドログバがゴール前で、自分でシュートを打たずにアネルカにアシスト。
アネルカは、これで得点王争いの相手 ロナウドに並んだ。
デコはベンチ入りしていない。

なにかいつもと印象が違うと思ったら、この試合で 2009-10 の1stユニフォームをお披露目していた。
新ユニフォームは、襟のないハーフジップ。
フットボールクラブのユニフォームにファスナーというのは見たことがない。
ただ、ファスナーを開けている選手は一人もいないので、本当にファスナーなのかは確認できなかった。
アディダスの新機軸として、来期のユニフォームではいくつかのクラブで採用されるのだろう。
だが、どうやら、この新ユニフォームを買うことはなさそうだ。

この試合も J sports Plusが生中継。
年間を通して、チェルシーのプレミアリーグ戦は J sports4局のいずれかが生中継した。毎週、全10試合の中から4~5試合の放送なので、チェルシーには力を入れていると言うことだ。
一方、J sportsは、チェルシーのCL戦はほとんど生中継しなかった。
2009-10シーズン、チェルシーを観るならば、プレミアはJ sports。CLはスカパーということになる。

ただし、来期、J sportsを観る必要はなくなりそうである。

5月24日
プレミアリーグ最終節 away サンダーランド ○3-2
イングランドの二部リーグであるリーグ・チャンピオンシップ(24チーム)への降格がかかるクラブは同時試合開始。
サンダーランドのサポーターは、目の前の勝利よりも、降格ライバルチームの動向が流れるラジオに集中している。

クリスチアーノ・ロナウドはCL決勝に備えるため、最終節を欠場。
18ゴール程度での得点王には興味がないようだ。
47分、アネルカが19点めとなる1ゴールをあげて単独得点王となることが決まった。
チェルシーのチームはここにきて、仲良くまとまっているように見える。

away戦ということもあってか、前節に披露したニューモデルではなく、2008-09モデルの1stユニフォームを着用。
サッカーショップは、これから今シーズンの在庫を掃かなければならない。
どのクラブも、ユニフォーム販売ページには sale の文字が躍り始めた。
ニューモデルだとかにこだわりがない人たちにとって、安ければそれはそれでいいのだろう。

デコはベンチ入りしていない。
実況の中で、現地では「来期デコもカルバーリョも帰ってくるだろうと報道された」と紹介があった。
この時は、それならそれもいいと思ったが、後々の2人の言葉を聞けば、決してこのリーグ、このクラブの居心地はよくなかったようだ。



| |

« 東京スカイツリー 彼の成長を見守りたい | トップページ | 豊田町のホタルまつり »

デコ」カテゴリの記事