« 高速道路で行く東京-九州の旅 | トップページ | 高速旅行 宿選びの決め手 »

2009年8月23日 (日)

デコを歓迎しないインテルファン

 8月に入っても、デコは依然としてチェルシーにいる。

8/4
インテルのモウリーニョ監督はクラブの公式チャンネルで、次のように語っている。
「トップ下が足りない。名前は言わないが、我々にはもっと攻撃的でクリエイティブな選手が欠けている」

それが誰のことを指しているかは言うまでもない。
ただし、インテルファンのコミュニティををみる限り、ファンのデコへの興味は薄い。
デコに対するおおかたの一致した評価は
「大金をはたいて峠を超えた選手を獲るのは勘弁して欲しい」
である。

デコを歓迎しないインテル・ファン。
インテル移籍を熱望するデコ・ファン。
ただ、インテルファンにはもう少しデコに興味を持って欲しいと願うばかりだ。

8/9 コミュニティシールド
home マンU ○2-2(PK)
デコは試合終了間際に交替で出場した。
当然、レギュラー扱いとは言えない。
かと言って、完全に干されているわけでもない。
アンチェロッティ監督が、デコをどのように使おうとしているのかは、プレミアリーグが開幕してみなければわからない。

 毎日、webのサッカー移籍情報をチェックする。
 だが、デコの文字はまったく見かけなくなった。

 この夏最大の移籍は、インテルのイブラヒモビッチとバルセロナエトーのトレード。
 移籍報道ではチーム、選手本人、代理人がメディアを煙に巻くコメントを出す。
 互いに足元を見られて、安く買いたたかれないよう気をつけるのだ。
 そんな、煙まきコメントのしめくくりに多用されるコメントがある。

 何が起こるか見てみよう

 3歳のなぜなぜ疑問児童ではないのだから、こんな間の抜けた発言を大人がするとは思えない。
 英語でいえば、Let's see what happens.

 何が起こるか見てみよう ではなく、
 ま~様子を見てみようじゃないかね、きみ。
という程度だろう。

 ただ、いずれにせよデコはそんな人を食ったようなコメントは言わない。

8/15 プレミアリーグ1節
home ハルシティ ○2-1
デコは69分から出場。
ロスタイム、デコのスルーパスをドログバが決めて勝ち越し。

デコの移籍が決まらぬまま、とうとう、プレミアリーグが開幕してしまった。
かすかに存在感を見せたとは言え、チェルシーのオーナーもファンも、前シーズンの戦犯扱いにしたデコに対して暖かい視線を向けるには至らない。

移籍期間終了まで、まだ2週間ある。
いま一度、インテルへの移籍交渉が持たれることを願う。



| |

« 高速道路で行く東京-九州の旅 | トップページ | 高速旅行 宿選びの決め手 »

デコ」カテゴリの記事