« おいでませ、山口へ | トップページ | ポルトガル対日本 »

2009年9月19日 (土)

空の日

空港がもっとも魅力的な場所なのは、出迎えの時だ。

穴守橋の信号を抜けると
大田区羽田の町並みが途切れて、埋め立て地の羽田に入る。
羽田空港までの広く空いている道が気持ちいい。

羽田空港の駐車場は年々、経路が複雑になる。
駐車場に入るつもりが、横浜高速に乗ってしまった・・
という人が1日に1人はいるのではないか。

空港には30分早く着くことにしている。
到着ゲートの掲示板で、到着便のdelay を確認。
余裕をもって着いた日に限って、西風が強く吹き、到着時間が早まっている。
待ち時間を確認してから、マーケットプレイスをのぞく。
旅の終点に着いた人はお土産を買わないので、1Fの到着ロビーは店が少なく寂しい。
出発ロビーのある2Fにはたくさんのお店が並ぶ。
そういう人員配置なのか、売り場のお姉さんに気合いが入っている。
ここには、東京の美味しいものがすべて揃う。
新製品も必ずここに置かれる。
羽田空港限定の品もある。
東京スイーツの栄枯盛衰は羽田にくればわかる。

喫茶店にはいる。
空港のカレーはなぜおいしそうなのか
の謎は既に解いた

美味しいカレーの香りを肴に、コーヒーを飲む。
これならば、お腹いっぱいにならずに済むので、得をした気分だ。

ガラス越し、到着ゲートの雑踏に、目当ての人を探す。
荷物を預けたのか、手荷物にして乗ったのかをきいていなかった。

君はどんな魔法を使ったのか。
ガシャポンのように、自動ドアが開くと、とつぜん、ぽんと目の前に現れた。
君が旅をしてきた町と、僕の町は遠い。
君は秘密の自動ドアを使ってワープしてきたんだね。

中谷彰宏か・・

9月20日は「空の日」です。

|

« おいでませ、山口へ | トップページ | ポルトガル対日本 »

旅行・地域」カテゴリの記事