« あんかけスパの見解 | トップページ | 党を動かす方が早いでね »

2009年10月21日 (水)

軍艦島 ドルフィン桟橋は10年でなくなる?

Gunkan 高速を降りてからの港までの進入路、船着き場、駐車場の位置関係を調べておいた。


予定どおり 8:00に到着。
軍艦島上陸クルーズ出港前55分。
だが、この時すでに長崎港ターミナル駐車場 253台は満車だった。
長崎港からは生月、五島など様々な航路が出ており、たった今満車になったというよりは、慢性的にいつも満車とみた。
まさか、この早い時間にきての満車は想定していなかったので、近くのコインパーキングを調べていない。
困ったなと思っていると、後ろから来たクルマが駐車場に入っていきゲートが開いた。
駐車場が回転しているのである。(地軸を中心に回転しているのではない)
ゲート前で待つこと10分、次の1台が出て駐車場に停めることができた。

8:25 誓約書を片手に乗船手続きに並ぶ。
前には母親と長女の二人連れ。断定して悪いが、どうみてもその関係性は長女と母
に見えた。
観光で長崎を訪れて、今日が長崎滞在の最終日らしい。
「え、ダメなんですか。今日はもうずっとですか?」 母が食い下がっている。

軍艦島上陸クルーズは予約が必要なのである。
2009年4月、軍艦島への上陸ツアーが始まった。
運行業者は「やまさ海運」
予約はホームページのフォームから申し込む。予約がとれると、確認のメールが届く。
予約状況が公開されていて、夏休みの繁忙期は1日2便のクルーズ枠はどれも満席。
2ヶ月前に申し込んだので予約できたが、どれくらい前に予約すればとれたのかまでは追っていない。

■料金:4,300円
■通年運行予定。
■上陸コースに参加するためには、誓約書の提出が必要。
■上陸滞在時間は1時間。

 船は前後からの波には強いが、横からの波に弱く、転覆の危険がある。波が高い日は「周遊コース」に差し替えられる。さらに海が荒れている日は、周遊コースも欠航となる。
 出航しても、軍艦島周辺の波が高ければ、上陸することができず、島を見るだけの「周遊コース」となる。

 ダメだよ、こっちは2ヶ月前から予約してるんだから
そう独りごちて、母と長女が渋々立ち去った後に僕の番。
 予約番号などはないので氏名を告げる。

「今日はクルーズになりますが、よろしいですか?」
 え、こんなに晴れてるのに?
「昨日の台風の余波で、沖はかなり荒れているんですよ」

 2003年 9月10日に、軍艦島クルーズ 長崎~野母崎航路が認可されて以来、いつか上陸できる日が来るのではないかと夢見ていた。
 そして2009年4月、ついに上陸が解禁される。
 6年越しの夢、軍艦島上陸がいま目の前で、白紙に戻った。

 軍艦島クルーズ 3,300円
 上陸コースよりも 1,000円安い。
 現実を受け入れられないまま、記念品のキーホルダーを受け取る。
 「ドルフィン桟橋の石」が小瓶に詰めてある。
 ドルフィン桟橋とは艀(はしけ)のこと。波が荒い軍艦島周辺では船をぴたりと岸壁につけることができない。そこで、コンクリート製の艀を海中に立て、そこに船をつけて乗降する。

 ドルフィン桟橋の石を削って、こうしてみんなに渡してたら、10年くらいで桟橋はなくなっちゃうなぁ・・
 この時は自暴自棄に笑っていた。その説明書きを読むこともなく・・・

 待合所のテレビは朝早く起きた静岡の地震を伝えている。
 東名高速の牧ノ原で、走行車線が崩壊した映像をヘリコプターが捕らえている。
 復路は中央道を通るつもりなので、その時はあまり気にしなかった。

 クルーズコースの出港は、欠航となった上陸コースよりも30分遅く 9:30。
 早起きすると1日が長い。
 でも、まだ9時半だぜ・・と独り言を言いながら、それでも軍艦島記念グッズを押さえにかかる。

 結論から言うと、記念グッズは未整備。
 買ったのは手ぬぐい 950円
 ハンドタオルならばまだしも、手ぬぐいを使う機会はなく、そのままタンスに仕舞った。
 上陸コースが始まってまだ半年。来年の今頃にはもう少し整っているだろう。
 欲しいと思っていたのは、軍艦島のミニチュア。
 大きさは、大15cm 中10cm 小5cm
 それぞれ1,500円 1,000円 800円程度。
 小5cmはハウステンボスのミニチュアハウスで作っている街のジオラマに置くためだ。長崎市観光課の皆様、よろしく頼みます。

|

« あんかけスパの見解 | トップページ | 党を動かす方が早いでね »

旅行・地域」カテゴリの記事