« 5年ぶりに立つ 新幹線 博多南駅 | トップページ | 多摩美が近いからね »

2009年10月 6日 (火)

等々力に萌え~

仲間から「オトナの遠足」を企画して欲しいという、強い要望があり、等々力渓谷を歩くことにした。

題して「等々力に萌え~」

集合場所は東急「二子玉川」の改札口を出たところ。
この駅は改札が1カ所しかなく、待ち合わせがしやすい。
フォアアスリートのGPS画面を頼りに方角を探り、東口を出た。

第1ポイントは「五島美術館」
東急の創業者、五島慶太のコレクションを展示している美術館。

 コレクションから選択して、その一部だけを展示しており、およそ1~2ヶ月毎に展示内容が入れ替わる。
 展示室は1室のみ。展示数は少なく、あっという間に見終わってしまう。
 入館料:700円

■1960年オープン
■休館:月曜
■駐車場あり ~無料~

■絵はがき、ハンカチ 800円 などのオリジナル記念品を売っている。

Dsc06328

日本庭園の中程にある赤門

自然の地形を活かした庭園がある。
入園料は、美術館入館料700円に含まれる。
庭園のみに入る場合は100円

ゆっくり回ると、15分程度。
自然の植物、たくさんの地蔵など、写真家にとっては撮りどころいっぱい。
 ただしアップダウンが多く、足腰が弱い人には無理。
 夏場は蚊が多い。9月に行ったところ、15分で9カ所刺された。

 受付にキンカンが置いてある理由が、最後にわかった。
 「今の時期は、蚊が多いですよ」
 と最初に言って欲しい。

 上野毛自然公園は、ボードウォークのような歩道を通過。
 そこから、およそ5分で多摩川の土手に出る。

 ここからおよそ 1.2km 多摩川の土手を羽田の河口に向かって歩く。

 すぐにくぐるのは、第三京浜道路の陸橋。
 その橋げたに、誰が書いたかわからない art が描かれている。
 「多摩美が近いからね」
 仲間の一人が言う。
 確かに、絵心がなければこれは描けないねと誰かが答える。

 (考えには個人差があります)

 多摩川河川敷と言えば、昔は巨人軍グラウンド。今は休みにはスポーツに興じる人びとで賑わう。ところが、小雨降るこの日、アスリートの皆さんは大会の中止を決めてしまったらしく、人影はまばら。

 いたるところに「世田谷区」の立て札がある。
 境界線というわけではなさそうな、その札が意味するところがわからない。

 プリントアウトしてきた地図によると、等々力渓谷への目印は「多摩川遊園」
 途中で草むらに虎がねそべっていた。
 遊具の名残か。

 等々力渓谷は、多摩川に注ぐ小川である。
 地図には細い川が記されている。

 見えてきた水門
 恐らくそこを鮭のように遡れば、等々力渓谷にたどり着けるだろう。


Todoroki_suimon

10月6日につづく


|

« 5年ぶりに立つ 新幹線 博多南駅 | トップページ | 多摩美が近いからね »

旅行・地域」カテゴリの記事