« チームマイナス6% なにゆーとりゃーす | トップページ | オビスポとイチローとサラリーマン »

2009年10月 2日 (金)

博多ドライブ

九州ドライブ初日は「博多」

2008年に無料化された国見有料道路改め国見道路を越えると、そこは佐賀県伊万里市。
陶器の町である。この町はガソリンが安い。セルフ118円/Lは、同時期東京の価格よりも1円安い。

唐津市からは二丈浜玉有料道路。片側一車線。
玄界灘を見下ろす道路だが、海と平行して走っているので運転者には海は見えない。
ここは今も変わらず360円。
久しぶりに手渡しで料金を支払う。
片側1車線ゆえ、ゲートが2つ開いていると、隣のレーンよりも早く出ようと焦ってしまう。
料金所を出て、クリアになった前方へ向け、一気に加速すると「はい、いらっしゃい」とねずみ取り。
というのがここのお約束。
慎重にゆっくりと走り始める。

このあたりから、はがね山を撮ろうと思って来た。
かつて、このあたりを走っていた時、山中に光る物体をみて「UFOだ。宇宙人が襲撃にきた」と勘違いした山。
日本にある電波時計の電波塔は、福島県のおおたかどや山標準電波送信所と、ここ福岡県のはがね山標準電波送信所。
だが「はがね山」という文字はカーナビに見あたらず断念。
国土交通省は、はがね山の存在を人に知らせたくない事情があるのか・・・

二丈浜玉道路の終点からしばらく国道202号線バイパスを走ったかと思うと、すぐそこに「西九州道」が来ていた。
かつてはこのあたりから福岡市の中心「天神」まで1時間はかかったものだが、この日は30分で着いた。

デコファンクラブのN氏と待ち合わせをして、お昼は長浜にある「長浜屋」
博多でラーメンを食べるならば、渡辺通の「ハッちゃんラーメン」と決めている。しかし、店が開くのは22時。
その次は長浜の屋台が並ぶ通り。
夜になると魚市場沿いの道路に屋台がずらりと並び、アジアの町になる。
ただし、昼間は屋台はどこかで眠っていて、ここに屋台が並ぶとは思えない。
夕方になると、屋台引き専門のおじさんが、どこからとなく運んできて定位置に据わる。

Ramen1 長浜でお昼もやっているのは、店舗を構えている「長浜屋」

 博多でサラリーマンだった頃、お昼に何度か食べに来たことがある。その時の感想は今も覚えている。

 お店には行列ができていた。

Ramen2 ラーメン400円 替え肉100円
ここの肉はスライスしたチャーシューではなく、バラ肉を煮込んだ形。塩が効いている。

僕は、店を出てから かつてと同じ感想を言う。
N氏は同感だと言う。
N氏は一言付け加える。

「でもねmotoさん。呑んだ後に食べるとこれがちょうどいいんですよ」
なるほどねぇ



|

« チームマイナス6% なにゆーとりゃーす | トップページ | オビスポとイチローとサラリーマン »

旅行・地域」カテゴリの記事