« 10を背負うデコ | トップページ | 陽水武道館、まさかの41公演 »

2009年11月 2日 (月)

江山楼と平和祈念像とびわソフト

ココウォークでお昼ご飯を探す。
この施設のホームページは、最新技術に敏感なデザイナーが作っているようで、抜群に検索性が悪い。
作った側はキレイでイケてるページを作って満足だろうが、短時間で的確に情報にたどり着きたい側は、とても血流が増える。

C1

ホームページで情報を見つけるのは諦めて、自分の足で見て回る。

すると、今日は見送ったはずの「江山楼」がココにも出店していた。
見つけてしまったからには入らないわけにはいかない。

C2 江山楼と言えば炒飯。
チャンポンは二人以上で来た時に頼み、炒飯と分けあいっこする。
期せずして目の前に現れた炒飯に、居ても立ってもいられずさじをつきさして一口。

そこで、写真を取り忘れたことに気づき、U太郎を取り出す。
周囲に気兼ねなく撮れるこのカメラは、旅の供に欠かせない。

N1 長崎の締めは「平和祈念像」
長崎市に来て、ここに寄らずに帰るのは難しい。

自らの成長に連れて、対象物は相対的に縮んでいく。

子どもの頃は巨大だった像も、時の流れと共にカラダが縮み、今はほどよい大きさになった。

N2 それでも、その小さいことにびっくらこいたシンガポールのマーライオンや、広島の原爆ドームのようなことはない。

その威風堂々とした姿は十分な迫力がある。

←人を入れた場合、このような情景。

背後に建造物がなく開けているため、像は空に浮かんでいるように見える。

N3 1枚ずつ露出を変えて試してみる。まだ時間は 14:41 十分に陽は高いが、写真では夕闇が迫っている。

大仁田厚が誰かと打合せをしている。だが、取り囲む人は誰もいない。彼を初めて知ったのは別冊ゴング。15歳でジャイアント馬場の全日本プロレスの門を叩いて間もない頃。こんなか細い少年が、プロレスをやっていけるとはとても思えなかった。

長崎大学の脇を抜けて長崎自動車道に乗る。
かつては長崎バイパスといった。
市内を脱出して福岡へ戻るクルマでよく混んだものだが、長崎自動車道が市内を突き抜けて長崎港まで延びたことで、それも解消されている。

O1

お盆を控える週だが、高速の上は空いている。片側2車線の道。クルマは一路、びわソフトが待つ大村湾パーキングエリアへ。

パーキングエリアに着くと、探すまでもなく、とてもわかりやすいソフトクリーム売店が見えた。
びわソフト売店の右手には「わざわざこのソフトのために訪れる方もいるほどです」といった能書き。

O2 食べる前にU太郎で写真を1枚。

と構えたそばから、もう溶け始めている。

さて、味は・・確かに美味かった。
果物や野菜、名産品を織り込んで、ご機嫌をうかがうご当地ソフト数あれど、びわソフトの出来は最高の部類にはいろう。

びわと言えば茂木。茂木のびわといえば、びわが丸ごとはいった「びわゼリー」も定位置を確立している。

 柿といい枇杷といい、種がある果物は好きになれないという人も、デザートに化けた枇杷ならば美味しく食べられる。

O3

長崎の夜は遅い。
陽はまだ高いが、早起きした分だけ家に早く帰ろう。

そして、明日は憧れの「やまなみハイウェイ」をめざす。

*今日もべた凪の大村湾



高速1000円で行く東京-九州の旅日記

|

« 10を背負うデコ | トップページ | 陽水武道館、まさかの41公演 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10を背負うデコ | トップページ | 陽水武道館、まさかの41公演 »