« 早く買えばよかった木枕 | トップページ | 日本一 アメリカンドッ君とは? »

2009年12月27日 (日)

なぜサッカーでは 「死の組」と呼ばれるのか?

12月2日
FIFAがW杯グループリーグの抽選方法を発表。

抽選でシードされる8か国
南アフリカ ブラジル イタリア スペイン
オランダ ドイツ アルゼンチン イングランド

開催国の南アフリカ以外の7チームは、2009年10月のFIFAランキングを元に決められた。
フランスとポルトガルがシードされなかったため、この2チームが入った組が恐らく、あのことばで表現されるのだろう。

12月4日
W杯2010組み合わせ抽選会

ポルトガルはブラジル、朝鮮民主主義共和国、コートジボワールとG組に入った。
ブラジルのカカは、この組を「死の組」と言った。

「死の組」はサッカーW杯独特のことば。
グループリーグで、シードされなかった有力チームが入った組をこう呼ぶ。
今回その有力チームに当たるのが、フランスとポルトガル。

だが、欧州予選終盤へろへろになり、最後はアンリが手まで使ってようやく出場権を得たフランスを強豪と呼ぶ人はいない。
この半年で調子を上げたとしても、このチームを誰も尊敬しない。
「ハンドゴール」から一ヶ月後のCWC決勝。
アンリはPK狙いのダイブ(シミュレーション)で警告を受けていた。
プレーではなく、ずるでもいいから勝てばいいという姿勢は全然変わっていない。

そういう意味では唯一の「死の組」がG組。
確かに、この組はその名にふさわしい。
ただしそれは、この4チームゆえにそうなのではない。
隣接するH組にスペインがいるからだ。

G組を1位通過すると、ベスト16の対戦相手はH組2位のチーム。
だが2位通過となると、九分九厘H組1位となるであろうスペインが相手となる。
ベスト16でいきなり、今一番のっているスペインというのはきつい。

ポルトガルはブラジルを破り、G組を1位通過しなければならない。
ポルトガル-ブラジル、直近の対戦は ポルトガルの2戦2勝。
デコが代表入りしてからは負けていない。

G組を1位通過できれば、ベスト16のH組2位はさほど厳しくない。
ベスト8はオランダ。ポルトガルはW杯2006でオランダを破っている。
ベスト4はイングランドの可能性が高い。ポルトガルはW杯2006でイングランドを破っている。
そして、決勝は再びブラジル。

恐らくデコはW杯2010が終わると「代表引退」を口にするのだろう。
南アフリカ大会は、デコにとって二度めにして最後のW杯となる。

優勝請負人デコがまだ手にしていないビッグタイトルは4つ。
W杯、ユーロ、CWC、そしてプレミアリーグ。
2010年はそのうちの3つを手にするチャンスがある。

*次回のデコブログは 2010年1月10日です。

デコファンサイト

| |

« 早く買えばよかった木枕 | トップページ | 日本一 アメリカンドッ君とは? »

デコ」カテゴリの記事