« 安全に、高速のSAで寝る方法 | トップページ | 西式健康法の木枕を試す »

2009年12月24日 (木)

だるまの味噌かつサンドはうまいでかんわ

これまでにもエンジンがかからなくなったことが2度あった。

1度め、ディーラーに電話した。
「エンジンがかからないんですけど、こんなこと初めてで」
「ブレーキ踏んでますか?」
あっ
かかりました

2度目、やはりディーラーに電話した。
「エンジンがかからないんです。ブレーキを踏んでも押し返される感じで・・・」
「ブレーキを思い切り強く踏んでみてください」
あっ
かかりました

二度あることは三度ある。
ブレーキを強く踏み込み、エンジンスタートボタンを押す。
きゅる、きゅる、ぶるるん・・・
神に感謝した。

三木SAを出発
慎重を期して、オーディオを止め、エアコンもオフにする。

「渋滞15km」と周知されていた 神戸JCTを通過
巡航速度は落ちているが、完全に停まってしまうほどではない。

12:12
大阪府に入る
真夏の長距離ドライブで 音なし、エアコンなしはきついが、次の休憩でエンジンを停めるまでに、電力を高めておきたい。
吹田SAの「神戸プリン」休憩は見送る。

♪ ピンポン ♪
長時間の運転おつかれさまです
安全運転を心がけましょう

突然、クルマが喋った。
カーナビの機能かと思ったが、これはクルマの仕様らしい。エンジンを停めない連続走行が一定時間を超えると、アナウンスが流れる仕組みのようだ。

12:43
京都府入り
車内に温度計があれば恐らく40度を指しているだろう。
1時間走り続けたので、エアコンを解禁する。
桂川PAの「もちっこドーナッツ」もパス。

13:02
滋賀県入り
草津SAの「あゆ昆布巻き」もパス ・・・って、食べるつもりだったのか?
計画メモにツッこむ。

草津JCTを左分岐、新名神高速道路へ遷移する。
13:25
甲南PAで2時間ぶりの休憩。
万が一のことを想定して、エンジンは切らず カラダだけを休めることにする。
ここから先しばらくは渋滞もなく、快適な巡航がつづく。

往路では大渋滞にはまった亀山JCT周辺もすいすい通過。
御在所SAで はまぐりまんのキャラクターグッズを買うのは見送り、往路と同じ刈谷PAをめざす。
河村たかしの「でぇらたかしの味噌まんじゅう」が置いてあることと言い、ここはとても気に入った。

往路では東から西へ渡った名港トリトンを西から渡る。
片側三車線の一番右に出たところ、海に落ちるかと思った。
欄干がとても低いのである。
明石海峡大橋といい、新しい橋は怖すぎる。

Dsc06230 14:40
刈谷PA(ハイウェイオアシス)着
エアコン、オーディオ、カーナビすべての電子機器の電源をオフにしてからエンジンの火を落とす。
お土産に「でぇらたかしの味噌まんじゅう」「味噌かつのタレ」
お昼ご飯にだるまの味噌かつサンドを買う。
だるまと言えば、去年「N700系のぞみ99号で行く品川博多の旅」でお世話になった会社。

Dsc06232 パッケージに「だるま」の社名を見つけ、即カゴに入れた。


外は暑いので、運転席に戻って食べることにする。
祈る思いでスタートボタンを押すと、エンジンはすぐにかかった。


なかなか美味いカツサンド。
辛子が辛くなくてよい。ドライブの途中で、手際よく 少しだけ腹に入れたいというニーズにぴったりだった。

高速1000円で行く東京-九州の旅日記

|

« 安全に、高速のSAで寝る方法 | トップページ | 西式健康法の木枕を試す »

旅行・地域」カテゴリの記事