« 4冊めもええこと書いとらっせる | トップページ | 見ただけで体温を当てる方法 »

2009年12月 4日 (金)

ハーモニカを投げる陽水

●クレイジーラブ
陽水は相変わらず「なにも考えてきませんでした」と言わんばかりの、大ボケMCに終始している。
そして、決めぜりふは
「みなさんの しあわせだけを かんがえています」

これは何かのパロディなのか
あるいはコアなファンにはわかる、陽水のエピソードに関連したギャグか
なぜ今、陽水が皆さんの幸せを願うのかがわからない。
それも 幸せ「だけ」に深い意味があるかにみえる。

●限りない欲望
1stアルバム「断絶」に収録された曲。
子供の頃に聴いた、この歌の中で子供が詠う心情は、少し大人びてみえた。
子供の頃、煩悩は心の中に隠していた。
誰に言うのも恥ずかしく、言えば人間をみられると思っていた。
それをこの歌は告白している。

大人になる。
大人から大の大人になる。
その起点は、告白なのかも知れない。

記憶力が最高潮だった年頃に聴いた歌ゆえ、歌詞は完璧に暗記している。
もっと大きな声で一緒に歌いたかった。

●氷の世界
ついに、客席が立ち上がった。
いつもならば、前の人が立つから仕方なく立つのだが、今日だけは待ってましたと僕も立つ。

陽水はギターを置いてロック歌手のように歌う。
間奏ではマイクから向かって右手へ踊りに行く。
ロック調変形社交ダンスとでも言おうか。
左手にいる僕は、こっちにも来て欲しいと思う。
だいたい、歌い手というのは出て行く方向が偏っている。
「あ、さっき右に行ったから、今度は左だな」
と満遍なく左右に来てくれる人は少ない。
どうやら、陽水は客席から見て右手へ行く人のようだ。かつてよく動いていた頃の佐野元春は主に(僕らからみて)左手が主戦場だった。

さっきから、陽水が右手になにか握っている。
小さくて見えないが、光っているので 恐らくハーモニカ。
まさかさっきの間奏で吹くのを忘れて、踊りに行ってしまったのかと思ったら、二度目の間奏で吹いた。
吹き終わると、それを右手の客席に放り投げる。
まさか、投げるとは思わなかった。

佐野さんがビジターズツアーでスティックを投げたところ "プロモーターから、危険だから以後は投げないように" と釘を刺されたという話を聞いた。
久しぶりにステージから、モノを投げるのをみた。
あのハーモニカ。キャッチした人が羨ましい。
試しに「陽水 ライブで投げた ハーモニカ」で検索してみたが売りには出ていなかった。

 

●最後のニュース
陽水がこの曲を歌っているのをテレビで何度か見たことがある。
その度に思っていた。
よく歌詞を間違えないで歌えるものだ。
名前は書かないが、彼ならばこの曲はライブではやらないだろう。

リフレインがなく、現代国語の教科書 2ページ分くらいはありそうな歌詞。とても覚えられない。
陽水は持ち歌を完璧に覚えているのか。
その答えは次の本にあった。

「井上陽水全発言」
家に友達が来て、一曲やんなさいよとなった時「心もよう」くらいしか覚えていない。せめて10曲くらいレパートリーがないとまずいですよ。

・・ということは、コンサートツアーに入る前、歌の練習をしながら「あぁ、こんな歌詞だったな」と思い出すのだろう。

同じ本の中でこの曲について陽水はこう語っている。
「原子力とはフロンとか、以前から使いたかったけど なかなか使えなかった言葉がずいぶん使えて、便秘がすっきりしたみたいでした」

40年めの初陽水!

| |

« 4冊めもええこと書いとらっせる | トップページ | 見ただけで体温を当てる方法 »

音楽」カテゴリの記事