« ナゴヤ市民は感謝せなかんよ | トップページ | 200と打ってしまう »

2010年1月 5日 (火)

府中と言えば・・・

府中と言えば・・・
皆さんは何を思い浮かべるだろう?
府中(ふちゅう)を知らない という方もいるかもしれない。

府中市は全国に2つある。
市町村名はかぶらないよう調整されるが、府中市は唯一の例外。
今日の話は 広島県の府中ではなく 東京都の府中の話である。

ある日、府中にやってきた。
調べすぎると、おもしろくないので あまりしらべないで来た。
ただ、コレクターショップだけは事前に調べた。

大量生産されたものであれば、ヤフオクやネットショップで買える。
だが、いわゆるレアモノは、ネットでは見つからない。
せっかく、その町に足を運んでおきながら、レアモノのそばを素通りしたくはない。
だが、コレクターショップは見付からなかった。
だから、下調べは図書館の住所のみ。

府中といえば ・・・
東京競馬場
ちょうど競馬開催日らしく、外周は路駐をさせまいという警備員であふれていた。
これぞ東京競馬場という1枚を撮ろうと思い2周した。
安い駐車場を探していると思われただろう。幾度も「1日***円」と書いた看板のアピールを受けた。

結局、まともな写真は撮れなかった。
こんなガードが堅い施設は、飯塚の嘉穂高校以来だ。
ここは昔、軍事施設だったのかも知れない。

Futyuap 味の素スタジアム の名前は聞いたことがあったが、府中にあるとは知らなかった。
府中に飛行場 があることも知らなかった。

隣接する調布・三鷹・府中 3つの市にまたがっており、名称は「東京都調布飛行場」
都営空港であり、3つの離島に定期便が就航している。


こぢんまりとした出発ターミナル。
「ここは土産モノがないから、府中で買ってこなきゃいかんのよ」
これから離島へ帰るおばさんが、飛行機を見に来た子連れのおじさんに語っている。

管制塔の下では、落ち葉を拾う子供達。
「あ、モミジだ」
嘘だろう、真っ黄色じゃないか。それはイチョウだよ
と目を地面に落とすと、イチョウの合間に確かに枯れモミジ。
結果的には、ここでひろったモミジが府中唯一の土産モノとなった。

それにしても、なにかが違う。
府中らしいものを見ていない。
府中に来た気がしない。
腑に落ちない。

ここで調べておいた図書館へ。
近くでコインパーキングを探そうと思っていたら、施設に無料駐車場があった。
23区内では滅多にないことだ。

棚の合間に置いてある椅子に座り、一つずつ棚を巡りいくつかの本を読んだ。
図書館は狭く、館内の話し声が響き渡る。
貸出手続きを待つ間、その本への思い入れを司書に語るおじさん。

小説の棚のそばに座り、散歩の本を読んでいた時「三億円事件」という赤い背表紙が目に入った。

三億円強奪事件
これだ。
ようやく、捜し物を見つけ出した。

カウンターで電話帳を借り、事件現場である府中刑務所の住所をメモ。
カーナビに住所を打ち込み、事件が起きた刑務所北側の道路を目的地に設定。

この事件をモチーフにした映画「初恋」では、犯人の女性が偽装白バイに乗り、東芝工場へ冬のボーナス3億円を運ぶ現金輸送車を追う。
事件現場が近づいてくる。
事件当時、山口県の盆地に住み、新聞の事件報道に胸をときめかした鼓動が蘇る。

「700m先、目的地周辺です」
カーナビが、決行の地が近いことを告げる。
期待で胸が高鳴る。
って何を期待しているのか・・

3okuen 現場は延々とつづく塀の外。
映画でみた光景とはずいぶんと違っていた。

写真中央・塀の上にぽちっと出ているのは、三億円を運ぶ先だった東芝府中の塔。

三億円まんじゅう
三億円事件現場 記念碑

なにもなかった。
残念っ!

しらべる


|

« ナゴヤ市民は感謝せなかんよ | トップページ | 200と打ってしまう »

旅行・地域」カテゴリの記事