« 佐野元春のどかーんと大きいこと | トップページ | 荒川市民マラソン2010 中止 »

2010年3月23日 (火)

カフェボヘミア2010

2010年3月8日、佐野元春デビュー30周年を記念して「カフェボヘミア」が期間限定でオープンすることが告知された。
開催期間は、2010年3月15日<月>~3月28日<日>

所は正覚寺下クラブ古城
(というネタは長崎県の人にしかわからないので、おいといて^^;)

ところは東京恵比寿
JR恵比寿駅の西口を出る。
海鮮丼やカツ丼の誘惑を振り払い徒歩3分。
ホームからだと6分。

ただしこれは、最短コースの場合。
中には「いま恵比寿に着きました」と言ってから30分かかった人もいる。

Lr 目的地はライブハウス「リキッドルーム」
■住所:東京都渋谷区東3-16-6
■電話:03-5464-0800

近隣にタワーパーキングがあるが、日祝はお休み。
コインパーキングの相場は30分400円~500円

そのリキッドルームの2Fにある常設カフェ
Time Out Cafe & Diner
が期間限定で「佐野元春 30周年アニバーサリー カフェ・ボヘミア2010」となっている。「Time out」といえば、元春のアルバムにも同名タイトルがあるが、直接の因果関係はないとのこと。

期間限定衣替えとあれば、いったいどんな元春ワールドが目の前に現れるのかと期待していくと、調子がはずれる。
建物の外にそれを示す表示はないし、店舗入口も至って普通。
せめて「Time Out Cafe & Diner」の上から「カフェボヘミア2010」と紙でも貼ってあるかと思ったが、それもない。

いつもと違うのは壁面の写真展示。
そして元春の著書を初めとする書籍展示棚。
モニターには元春のビデオクリップ。
ただし、その音は絞られていて、店内にはずっと元春のCD音源が流れている。
元春の曲だけが流れている飲食店というのは経験がなかった。
意外といい。
どこかに常設して欲しい。

通常メニューにくわえて、特別メニューが用意される。
元春が好物だという「マカロニグラタン」
ファンならば誰もが知っている「シナモンチェリーパイ」
でもあのイメージとはちょっと違った。
純米酒「元春」も置いてある。

Cp

   ↑ シナモンチェリーパイ

これら、特別メニューを注文するとバッジがもらえる。
バッジは2種類で1つは「Time Out Cafe & Diner」のもの。
もう一つは「カフェボヘミア」のバッジ。M's Factory Club のクレジットが入っている。

店舗ヨコのギャラリーで、元春関連のアートやグッズを展示。
<閲覧時間:13:00~20:00>
ギャラリーはカフェに入店しなくても観覧できる。

訪れた日は、女性4人組「Bright」のライブが行われていた。
元春とは明らかに違うファンの年代。
僕らが Brightを知らないように、ヤングジェネレーション諸君は元春を知らないのかも知れない。

| |

« 佐野元春のどかーんと大きいこと | トップページ | 荒川市民マラソン2010 中止 »

音楽」カテゴリの記事