« 3試合無失点 堅守ポルトガルが2位通過 | トップページ | スペイン代表サッカーの歴史 »

2010年6月28日 (月)

スペインの大まかな歴史、スペインサッカーの歴史

6月25日
H組第3戦
スペイン 2-1 チリ

優勝候補筆頭に名前が挙がっていたスペインが、グループリーグ敗退の危機に瀕しながら、H組を1位で勝ち抜いた。ベスト16の対戦相手はG組2位、イベリア半島の隣国ポルトガル。

ポルトガルはかつてスペインに占領されていた時代がある。占領されていた側の国民が、そのサッカーでの対戦でどのような気持ちになるかは、身近にも引ける例があるところだ。

スペインの大まかな歴史

9世紀
バスク人が欧州で初めて捕鯨を始める。
現在クジラは主食ではなく、IWCでは日本と逆の立場、商業捕鯨再開に反対している。バスク人とはバスク州出身の人。バスクはスペインの一つの自治州であり、バスクという独立国家があるわけではない。

1580年
ポルトガルを併合
積極的に他の大陸を植民地化してきたライバル国、ポルトガルを侵略してその領土をも獲得した。

1640年
ポルトガルがスペインから独立。

1940年頃
フランコ総統による独裁政治が始まる。

1941年
第二次世界大戦では、ドイツの援軍として「青い旅団」を送りソ連と戦った。

1943年
「青い旅団」は2年で撤退。
第二次大戦で国内が戦場とならなかったことが、戦後にサッカー強国の地位を手に入れる一因となった。

1959年
ETA(バスク祖国と自由)が組織される。

1975年
フランコ死去 ファン・カルロス1世が即位し王政復活

1978年
スペイン新憲法公布

1982年
社会労働党が政権の座につく。

1986年
ECに加盟。同じ年にポルトガルも加盟している。

1992年
バルセロナ市で夏季五輪開催。有森裕子が「初めて自分で自分を褒めたい」という明言を残した。

1996年
総選挙で社会労働党から国民党へ政権が移る。

1998年
9月、ETAが無期限停戦宣言

1999年
12月、ETAがテロ再開

2004年
3月11日、首都マドリーで列車同時爆破テロ。スペイン政府はETAの犯行と断定。
3月14日、総選挙で国民党が社会労働党に敗れて政権交代。

つづいて、スペインサッカーの歴史

1889年
スペイン初のクラブ、クレアティーボ・デ・ウエルバ創立。

1898年
アスレチック・ビルバオ創立

Athletic Club de Bilbao
スペイン バスク州(Vascongadas)に本拠を置くリーガのフットボールクラブ。
バルセロナがユニセフのロゴをつけた後も、クラブチームでは唯一ユニフォームの胸にスポンサーをつけていないクラブだったが、2008-09シーズンからスポンサーがついた。

バスク人を親に持ちカンテラ(選手を育成する下部組織)で育てた選手だけしか入団させないという地域帰属意識の高いクラブチーム。

スペイン国王杯23回優勝。
FCバルセロナの25回に次いで2番目に多い優勝回数。
ただリーガ、国王杯共に1983-84シーズンを最後に20年以上優勝から遠ざかっている。

リーガ創設以来、二部に一度も落ちていないのはバルセロナ、レアル・マドリーとビルバオの3チームだけ。
スペイン・ナショナリズムの象徴レアル・マドリーとの対戦は、バスク人の誇りを賭けた激戦となる。

1899年
FCバルセロナ創立

スペイン国内ではレアル・マドリーと共に人気を二分するクラブ。
リーガはほとんどのシーズン、この2つのクラブで優勝を分け合っている。
特筆に値するのは、入団したいサッカー選手が後を絶たないこと。
日本プロ野球において「結局、みんな巨人に入りたいのか・・」という他球団ファンの覚めた目があるように、欧州サッカー有名選手にはバルセロナに入りたい人が多い。
デコもかつてはその1人。
2004年、FCポルトからチェルシーへの移籍がまとまりかけていた時、代理人を通じてFCバルセロナに獲得意志がないかを照会した。
今大会では、MFシャビ、イニエスタ、DFプジョルがレギュラーで出場している。

1902年
レアル・マドリー創立

スーパースターを集めることから「銀河系軍団」=ギャラクティコ と呼ばれるクラブ。
かつてはベッカム、ジダンが在籍。
2009-10からはロナウド、カカをメンバーに加えた。
2010-11シーズンからはホセ・モウリーニョが指揮を執る。
モウリーニョは 2003-04にポルト(当時デコが在籍)2009-10にインテルでUEFA CLを制しており、3クラブでのCL制覇を狙う。
カスティーリャ地方のマドリー、カタルーニャ地方のバルセロナは仲が悪い。
その気分を引き継いで、日本のバルセロニスタもマドリー嫌いの立場をとる人が多い。


スペイン国王杯「コパ・デル・レイ」が始まる。

1913年
スペインサッカー連盟RFEF設立。

1929年
国内プロリーグ戦「リーガ」が始まる。
日本では「リーガ・エスパニョーラ」と呼ぶ人が多い。

1936-1939
市民戦争のためリーガが中止される。

1960年
ルイス・スアレス(バルセロナ)がスペイン人で初めてバロンドールを受賞。

1982年
W杯スペイン大会開催。イタリアが優勝。
大会史上唯一3ラウンド制で行われたこの大会。
スペインは一次リーグは突破したが、二次リーグで敗退。
決勝トーナメントには進めなかった。

1998-99
FCバルセロナ100周年の年、バルセロナのホームスタジアム「カンプ・ノウ」でCL決勝開催。
しかし、リーガのクラブは決勝には進めなかった。

1999-2000
リーガクラブ同士がCL決勝で対戦。
レアル・マドリー 3-0 バレンシア

2001-02
レアル・マドリーがCL 9度目の優勝。
スペインクラブとして通算10度めの優勝(あとの1回はバルセロナ)

2005-06
FCバルセロナがCL 2度目の優勝。

2008-09
FCバルセロナがCL 3度目の優勝。



デコのW杯2010

| |

« 3試合無失点 堅守ポルトガルが2位通過 | トップページ | スペイン代表サッカーの歴史 »

デコ」カテゴリの記事