« デコ「移籍先はW杯後に決断する」 | トップページ | 笑顔を届けてくれた2人の女の子 »

2010年6月 6日 (日)

W杯2010 ポルトガルの目標はベスト3

5月23日
DFぺぺ(クラブチーム:レアル・マドリー)の復帰見通しが立ったことが伝えられた。
リーガ14節のバレンシア戦で、右ひざ前十字じん帯を断裂。
6か月リハビリを続けていた。
ポルトガルにとって、ぺぺの攻撃参加は大きな武器。
これでまたひとつ、ベスト4超えの階段を上った。

5月24日
親善試合 ポルトガル 0-0 カーボベルデ
ポルトガルのコビーリャで開催。
この試合まで、カーボベルデという国の名前を知らなかった。
カーボベルデ共和国はアフリカの西側、大西洋に点在する島国。
1975年まではポルトガル領に属していた。
公用語はポルトガル語。
ポルトガルサッカー協会は、調整段階の初期だけに怪我がないよう無理をしないで済む相手を選んだ。
それでも、相手を完封したうえで、2、3点は取れるというプランを描いていただろう。

結果的にFIFAランキング3位の国が、117位の国とホームで引き分けたということは、ポルトガルの選手たちにとっていいクスリになった。

5月26日
FIFAランキング発表
1位 ブラジル
2位 スペイン
3位 ポルトガル

2009年11月、W杯出場を賭けたプレーオフ直前は10位だった。
W杯出場を決めた時点で5位に上がり、4月からは3位。
5位まではわかるが、そこから上は、いったいどんな材料があって、順位を上げているのかよくわからない。

いずれにせよ、1位と3位のチームが同じG組で戦い、そのうちどちらかが 2位のスペインとベスト16で当たる可能性が高い。
いったいどれだけ、死の組み合わせなのか。
だが視点を変えれば、ベスト16を乗り切った後の、ベスト8、ベスト4、決勝の3試合は比較的楽になると言える。

2010W杯南アフリカ大会
ポルトガルの目標はベスト3。

2006年ドイツW杯
ポルトガルの成績は 4位。

準決勝ではフランス アンリの「尻もちPK」にやられた。
そのアンリは今回「手も使う」選手に進化しており、かなり手強い。
できればもう当たりたくない。

3位決定戦は、開催国ドイツに敗れた。
その2年後、ユーロ2008でもベスト8でドイツに敗れた。
その時、ファウルで決勝点をあげたバラックはもういない。

*デコブログ次回は6月9日(水)です。

デコの2010W杯

| |

« デコ「移籍先はW杯後に決断する」 | トップページ | 笑顔を届けてくれた2人の女の子 »

デコ」カテゴリの記事