« 夏草の線路 | トップページ | CL決勝で負けた選手がいるチームが、W杯決勝で負ける »

2010年8月21日 (土)

まるいぞ!300系

旅の始まりに際して、用語を確認しておこう。
新幹線従事者の間では、東京寄りを「東京方」、博多寄りを「博多方」という。
新幹線は前後の向きを変えることはないので、常に 1号車が博多方、16号車が東京方となる。

東海道新幹線では、(下り)列車の進行方向右手を「山側」、左手を「海側」という。
これは常に進行方向右手が山、左手が海のため。
この位置関係は山陽新幹線の新下関まで変わらない。
新関門トンネルを境に逆転し、九州にはいると海が右手にくる。

新幹線では「東京方」「博多方」「海側」「山側」という言葉で、列車からみた前後左右を言い表す。

Sng1

予定では名古屋散策におよそ2時間を充てていた。
その一部を新大阪駅での 500系撮影に振り替えるために、名古屋-新大阪の 700系を一本早めようと思っている。
だが「みどりの窓口」が開くのは 午前7時。
まだシャッターが閉まっている。
名古屋に着いたらすぐ「みどりの窓口」へ駆け込むことにしよう。

新幹線改札まで歩いてくると、ぐんと人通りが増えた。
遠方に行く人は、この日ばかりはと早起きしてくるらしい。

新横浜で乗り継いで、名古屋で途中下車するんですけど、ここでは自動改札機にどれとどれを通したらいいですか?

普通の乗客ならば、名古屋まで「のぞみ」一本で行く。
わざわざ、新横浜で乗り換える客は恐らく自分だけだろう。

さっきまで外国人による英語の質問に困惑していた駅員が、差し出した7枚の切符を見ながら答える。
「乗車券とこれ(品川-新横浜の自由席特急券)を通してください」

名古屋では、どれとどれを通すんですか?
「どっちみち、自動改札機は通れません。係員のいる改札を通ってください」

このようなイレギュラー乗車に、システムは対応していないようだ。

品川駅のホームには売店がなく、飲み物の自販機があるだけ。
コンコースに売店が2店。駅弁販売店が1つ。
下りホーム側 東京方の売店にはコレクターグッズを売る什器があった。

Sng2

予め目をつけていた「ハシ鉄」もある。
「ハシ鉄」は大和玩具が製造販売する 新幹線列車を模ったお箸。
0系、922型0系ドクターイエロー、100系、700系、700系さくら、N700系 が発売されている。
ここには N700系、100系の 2種類があった。
黄色い箸で食べれば、いつものごはんもさらに美味しくなりそうだ。

2面4線の島式ホーム
21 東京方面 本線 自動開閉柵あり
22 東京方面 待避線 自動開閉柵なし
23 博多方面 待避線 自動開閉柵なし
24 博多方面 本線 自動開閉柵あり

6:23
のぞみ3号 博多行き Z35 が入線する。
Z35というのは編成番号で、運転席進行方向に向かって右寄りのフロントガラスと車掌出入り口ドアの窓に記してある。

Sng4

編成番号とは車両の編成を表す番号。アルファベット1桁+数字で表す。
「Z」はJR東海保有のN700系を意味する。JR西日本保有のN700系は「N」
このアルファベットは、同じ*00系電車でも両数、用途が変わると別に付番される。
かつて16両編成当時の500系は「W」だったが、8両編成こだま用となった500系は「V」が付番されている。
「35」は同じアルファベットの中での連番を付番。

自由席1号車の列に並んでいたのは15人。
のぞみ3号は、ほぼ満席で発車していく。
24番線の採光窓から朝日が差し込んでいる。

Sng3
いよいよ次は、これから乗車するのぞみ303号 300系車両が23番線に入ってくる。
1号車自由席の列に並んでいるのは2人。

先発したのぞみ3号と比べて、停車駅は同じものの新大阪までの所要時間が6分長い。N700系と300系の性能差がダイヤに表れている。

薄暗い線路の向こう、ヘッドライトがまぶしい。
そのシルエットでようやく車両が判断できる。

Sng5
いやぁ300系
しばらく見ない間にちょっと太ったんじゃないか?

って、丸すぎだろっ

「新幹線・全部乗る旅」 旅日記は不定期で連載中です。
目次ページはこちらです。
100系 300系 500系 700系 レールスター N700系に一日ですべて乗る品川-博多の旅日記


|

« 夏草の線路 | トップページ | CL決勝で負けた選手がいるチームが、W杯決勝で負ける »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏草の線路 | トップページ | CL決勝で負けた選手がいるチームが、W杯決勝で負ける »