« デコ20 フルミネンセ2010-11ユニフォーム | トップページ | お金を返してくれない人が悪いのか、催促しない人が悪いのか »

2010年8月 9日 (月)

MR-Sラジコン銀を赤にリペイント

MR-Sラジコン「銀」が押し入れの肥やしになりかけていたある日、ひょんなきっかけから知人の「塗装の達人」がMR-Sを銀から赤にリペイントしてくれることになった。

リペイントと一言で言っても、器具、技術、根気と時間。
素人にはとてつもなく敷居が高く、並大抵のことではない。
以前、タミヤRZ350とタミヤYZR500ケニーロバーツ仕様を塗ったことはあるが、その時は筆塗り。
バイクは均一面が少なくあらが目立たないが、車は平坦な面ばかり。
同様にして筆で塗ったフジミMR-Sは散々な出来だった。

達人の指示どおり事を運ぶ。
まず、田宮のウェブサイトでスプレー用の塗料を買う。

Tamiya

達人の指示は2つ。
1,色見本を見てMR-Sの赤に近いと思われる2色を選ぶ。
2,届いたらカラーテストをして、使う1色を決める。

Test

カップやきそばの容器に2つの色を吹いて、ミニカーのMR-Sと見比べて色を決めた。

ここからは達人の仕事

シルバー塗装面以外をマスキングしていく。
MR-Sファイナルはサイドエアダクトなどがクローム仕立てなので、その部分はシルバーの塗装面をそのまま活かしてもらう。
マスキングだけで作業時間は2時間。

Mrs_rp03

つづいて塗装用のハコをつくる。
スプレーガンで 4度塗り。

Mrs_rp07

シートの縁に赤が入っていたので、MR-Sファイナル「赤」に合わせて、シートは筆塗りで黒にしてもらった。

Mrs_rp08

達人がもっとも苦労したのはここから。
テールランプ脇にある「MR-S」のロゴ
これをつぶさないよう「M」「R」「S」の隙間を筆塗り。
これに2時間。
大変な苦労をかけてしまった。

Mrs_final

こうして、夢にまでみたMR-Sラジコン「赤」が誕生したのである。

| |

« デコ20 フルミネンセ2010-11ユニフォーム | トップページ | お金を返してくれない人が悪いのか、催促しない人が悪いのか »

MR-S」カテゴリの記事