« 新幹線に全部乗るための追加費用は 9,040円 | トップページ | 佐野元春の低いテンションに戸惑う学生たち »

2010年8月 3日 (火)

桜井和寿とMr.children 18年の歴史

「ソングライターズ」セカンドステージが始まっている。

ホストは佐野元春
ポップソングのライターこそが現代の詩人である
という仮説に沿い、現代の詩人をゲストに迎えて対談する番組が「ソングライターズ」
NHK-E で土曜日 23:45 から放送される。

第1回、第2回のゲストは桜井和寿
現在、日本の音楽市場では、桑田佳祐と並んで販売力と集客力が高いライターでありシンガー。
かつてのプロレス界における馬場、猪木のような存在。
両巨頭の一人だ。

ミスター・チルドレンは、どこまで真に受けてよいのかわからない
はまった曲を作る4人組ロックバンド。

同じ高校の桜井・中川・田原のバンドに、1989年 ドラムスの鈴木が加入して「Mr.children」となった。
1990年代、つづいて 2000年代も 最も支持を受けた日本のロックバンドといえる。

1992年
5月10日、7曲入りミニアルバム「EVERYTHING」でデビュー。

桜井和寿 東京都出身
【 さくらい かずとし 】 ボーカル 1970年3月8日生まれ

鈴木英哉
【 すずき ひでや 】 ドラムス 1969年11月14日生まれ

中川敬輔
【 なかがわ けいすけ 】 ベース 1969年8月26日生まれ

田原健一
【 たはら けんいち 】 ギター 1969年9月24日生まれ

デビューから18年がたった今も、同じメンバーで組んでいることに、安心感を覚える。

12月1日、2枚めのアルバム「Kind Of Love」リリース。
「虹の彼方へ」では佐野元春的な前向きな感じを表現している。

1993年
9月1日、3枚めのアルバム「Versus」リリース。

1994年
9月1日、4枚めのアルバム「Atomic Heart」リリース。
このアルバムには、初のオリコン1位シングル 「クロスロード」と「イノセントワールド」が入っている。
12月31日、ポカリスゥェットのCM曲として使われた「Innocent World」で日本レコード大賞を受賞。

1996年
6月24日、5枚めのアルバム「深海」リリース

1997年
3月5日、6枚めのアルバム「BOLERO」リリース
3月28日、東京ドーム公演後 活動休止。

1998年
10月21日、シングル「おわりなき旅」で活動再開。

1999年
2月3日、7枚めのアルバム「DISCOVERY」リリース
7月5日、単行本「Mr.children大事典」飛天出版 発売。内容は 50音順 Mr.childrenの用語集。

2000年
9月27日、8枚めのアルバム「Q」リリース

2002年
5月10日、オリジナル9枚めのアルバム「IT'S A WONDERFUL WORLD」リリース
7月22日、桜井和寿が体調を崩し年内のツアーをキャンセル。小脳梗塞の疑いと発表された。

2004年
4月7日、オリジナル10枚めのアルバム「シフクノオト」リリース
10月20日、桜井和寿が Bank Band を結成、アルバムリリース。
12月31日「Sign」で2度目のレコード大賞を受賞。

2005年
9月21日、オリジナル11枚めのアルバム「I LOVE U」リリース
「ソングライターズ」で桜井は、自分ではとてもうまくできたアルバムだが、聞き手の反応はいま一つだったと語った。
それはかつて、佐野元春が「ビジターズ」の不評を、長らく気にかけていたのに似ている。

2007年
3月14日、オリジナル12枚めのアルバム「HOME」リリース
12月31日、紅白歌合戦出場

2008年
12月1日、オリジナル13枚めのアルバム「SUPERMARKET FANTASY」リリース

2009年
「DOME TOUR2009」で全国のドーム球場を回り、大変な数の聴衆を集めた。
12月24日、東京ドーム講演をWOWOWが生中継。中継終了後、もう1曲アンコールがあった。

つづく



| |

« 新幹線に全部乗るための追加費用は 9,040円 | トップページ | 佐野元春の低いテンションに戸惑う学生たち »

音楽」カテゴリの記事