« せんとくんとナナちゃんが並ぶ通り | トップページ | 2010年7月の河村たかし »

2010年9月 7日 (火)

メイチカはまるでシャッター通りだがね

9:04
名鉄グランドホテル前の階段から、地下街「メイチカ」へ下りる。
名駅の地下だからメイチカ。
朝晩、メイチカの人通りは少ない。

20年前、初めて名古屋に降り立った日。
メイチカは午後7時を過ぎると店が閉まり始め、午後9時にはご飯を食べる店が見付からなかった。

044904

ほとんどのお店は開店が10時からで、まるで地方のシャッター通りのようだ。

散策のチェックポイント、お目当てはケーキのヒマラヤ。
今も生チョコ「美術館の石畳」は売っているだろうか。
相変わらずショートケーキは安いのだろうか。

朝早いのは本屋さん。
鎌倉文庫は健在で、10年前と変わらぬ場所にあった。
店員が今朝届いた本を棚に並べている。
雑誌・書籍共に返品ができる委託制度があるから、日本ではより多くの情報が流通する。
その分、箱から開ける作業、売れなかった本を箱詰めして返品する作業。
本屋さんの仕事は重労働だ。

出張の度にお世話になったチケットセンターもあった。
独特のカレーの香りはCoCo壱番屋。
愛知県一宮市に本社があり、全都道府県に出店しているカレーチェーン。
メイチカのこの店は10年前にはなかった。
朝早くから、数人の客がカレーを食べている。
パンの香りはアンデルセンだ。
朝早くからやっているのは食品のチェーン店。
懐かしい名前が並んどる。

そこに、あの甘ったるい香りが漂ってきた。
100m先から聴いてもそれとわかるのは QUEEN だが、30m先から臭いでわかるのが「ステラおばさんのクッキー」だがね。

045

この甘い香りはメイチカのお約束。
開店前から既に周囲へ拡散しているこの香り、近隣のお店は何も言わないのだろうかといつも思う。

ケーキのヒマラヤは確か、このあたりにあったはず。
スタミナ補給を兼ねてアマノドラッグに寄る。

冷蔵庫からエスカップEを持って行き、飲んでいきますと言い終わらぬうちに、ビタミンの錠剤が1粒出る。
このあたりに、ケーキのヒマラヤがありませんでしたっけ?
「あぁ、前はこの並びにあったけどね」
年季が入った初老の白衣が答える。

そこに、隣りでリポビタンDを飲んでいたおばさん
「会社は今もあるけどね」
会話に参加する。
話はそれ以上、膨らみを見せなかった。

メイチカの締めに名鉄百貨店地下へ。
かつてよく、みそかつ丼を食べに来た「わかさ」が確かこのあたりにあった。
まだあるだろうかと探したが、見付からなかった。

9:25
あっという間に、名駅散策のタイムリミット。
地下街の半分も回れていない。

新幹線乗り場の近くには、懐かしいSEIKOの時計台モニュメント。
今は「銀の時計」という愛称がついている。

046_930

広小路通り側のナナちゃんと並ぶ、名駅の二大待ち合わせ場所だで。
1994年~1996年、名古屋グルメ食べ歩きツアー「名古屋オフ」は、この場所から始まった。
かつて、壁面に情報パネルが並んでいた「メディア1」がなくなったせいで 殺風景でかんわ。

さて、最初の立寄地「名古屋」と名古屋弁ともお別れ。
再び「乗車券」と「名古屋-新大阪 特急券」2枚を自動改札機に通して「新幹線全部の旅」を再開する。

コンコースの待合室には、名古屋限定グッズコーナーがあった。
トレーンのNゲージは500系のみ。
開府400年グッズが並ぶ。
そうだ、名古屋と言えば河村たかし。
店員のおばちゃんに河村たかしのグッズはないんですか?と尋ねてみる。
「え゛なに?」
いや、か・わ・む・ら・た・か・し
「はっ?」
だから、市長のっ
「あぁ、ない」
どうやら、10%減税の恩恵は彼女の心に届いていないようだ。
もしかしたら、市外から通っているのかも知れない。

047_934

標識に従いトイレを探す。
この矢印の先にはホームへ上る階段がある。
そうか、いったんホームへあがって、次の階段から下りた所にトイレがあるんだな。
新幹線ホームに上がったが、その先は行き止まり・・
もう一度、この看板まで戻って考える。
でも、この矢印はどう見ても階段を上る方角を指し示している。
駅員に尋ねると「トイレは階段の裏側にあります」という。
参りました。

9:40
気温が上がり、暑くなってきた。
ここまでは順調にスケジュールを消化している。
想像はしていたもののやはり、めまぐるしくて忙しい。

048_951

名古屋駅は2面4線。現在、この駅に停車しない新幹線ダイヤはないので、自動開閉式安全扉は設置されていない。

下りホーム4号車付近にきしめん屋。
鰹だしのオーソドックスな味。美味い。

9号車付近に駅弁売り場
だるまの「びっくりみそかつ」「抹茶ひつまぶし日本一弁当」もあった。
二年前、乗車口まで配達してもらった時の、でっかい段ボール箱が懐かしい。

鉄人28号フィギュアの発売が延期されたおかげで、ホームでパソコンを出さずに済んだ。
もしネットで買えなかったら、神戸に着いてすぐ「三国志ギャラリー」に直行する計画だった。
旅の思い出はスタチューである。
だが、まだ何も記念品を手にしていない。

「新幹線・全部乗る旅」 旅日記は不定期で連載中です。
目次ページはこちらです。
100系 300系 500系 700系 レールスター N700系に一日ですべて乗る品川-博多の旅日記


|

« せんとくんとナナちゃんが並ぶ通り | トップページ | 2010年7月の河村たかし »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

名古屋は一度しか散策したことないけど、これ読んでると、すごく詳しくなれます゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

ココ壱は愛知が本社か~。私的に、愛知・名古屋というとスガキヤの印象が強いです。地元のスーパーのしょぼいフードコート=スガキヤ。


ステラおばさんのクッキー、食べてぇ~c(>ω<)ゞ

投稿: しろ | 2010年9月11日 (土) 20時43分

スガキヤ安いんですよねぇ
今も近所のスーパーで売っている
「すがきや味噌煮込みうどん」
は常備しています ^^)

投稿: moto | 2010年9月12日 (日) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« せんとくんとナナちゃんが並ぶ通り | トップページ | 2010年7月の河村たかし »