« 静岡の車窓から見えるガンダム・・ | トップページ | 7号車にたたずむA車ワゴン »

2010年9月 1日 (水)

9月1日は災難が多い日

9月1日は秋が始まる日
そして、関東大震災を始め多くの災難が起きている日である。

関東大震災は、1923年(大正12年)9月1日のお昼頃、関東一帯で起こった地震。
明治以降の地震では最多の犠牲者を出した。

11:58 震源地神奈川県西部、M7.9の本震(40秒)
12:01 震源地東京湾北部、M7.2の余震
12:03 震源地山梨県東部、M7.3の余震
12:48 震源地東京湾、M7.1の余震

この震災では、ボランティア活動が盛んに行われた。
ただし、後世に個人意志によるボランティア活動があったことが伝わっていない。
その理由は、次の通り。
その後、ボランティア活動は自警団の活動として収斂された。
後に町内会組織が強化されたことで、そちらだけが注目された。

阪神淡路大震災によって、1995年が日本における「ボランティア元年」と評されているが、その認識は正しいとは言えない。

1960年から、この日は「防災の日」と定められた。
関東では、9月1日を含む週に防災訓練が行われる。
通勤で利用している電車も、朝夕のラッシュ時間を外して、列車を止める訓練を行うようだ。

1983年
ソ連空軍が民間の大韓航空機を撃墜。

1996年、ISO14001が制定された。
ISO14001は、組織が適正な環境管理を行うための要件をまとめたISOの仕様書。
この仕様書に基づいた審査に合格した場合「ISO14001を取得した」ことになり、環境に配慮した団体であるお墨付きを得ることになる。

世の中が「環境」「環境」と言い始めてから、まだ数年。
世界基準ができてからも、まだ14年しか経っていない。
「最近、環境とか 興味あるのぉ」
と述べる方々が増えたのも、つい最近のことである。

ISO14001はその後、2004年11月15日に改訂された。
認証取得組織数は、日本が世界1位。2位のドイツを3倍引き離している。

一度、認証をとったら永久資格というわけではなく、3年ごとに更新審査がある。
審査に落ちれば取り消し。
1年ごとに維持審査もあり、更新、維持ともに審査にはお金がかかる。
一度取得すると毎年、規格審査団体にお金を払いつづけることになり、その手間暇はバカにならない。
「ISO14001」を取得しなくても、そこに働く要員の皆さんに、環境について考える風土をつくることはできる。

2001年
新宿歌舞伎町雑居ビル火災

2004年
Google News 日本語サービス開始

2006年
田中康夫長野県知事退任 退職金は5,184万円

2008年
総理大臣福田康夫がテレビ生中継で辞任発表。
各局は21時台の番組を中断して、中継に切り替えた。
前年の安倍晋三につづく、2代連続の総理の投げだし。自民党政権はここで終わっていた。

9月1日は次の方々の誕生日。
オーケストラ指揮者の小沢征爾(1935年)
お笑い芸人の土田晃之(1972年)
タレントの森下千里(1981年)

江口洋介の奥さんは森高千里。
森下千里は、爆笑問題と絡むプリンターのCMに出演していたタレントといえば、わかるだろうか。
名古屋生まれ。レースクィーンから芸能界入り。
2004年、リコー ジェルジェットプリンター「IPSiO Gシリーズ」のテレビCMに出演。
その後、印象に残る活動を見ていない。

9月1日は、次の方々の命日。
関東大震災で
亡くなった方 142,000人
撃墜された大韓航空機の乗員乗客 269人
新宿歌舞伎町雑居ビルで火災に遭った客 44人

| |

« 静岡の車窓から見えるガンダム・・ | トップページ | 7号車にたたずむA車ワゴン »

一般/出来事」カテゴリの記事