« 2010年8月の河村たかし | トップページ | A列から見る徳山の海 »

2010年9月24日 (金)

新幹線で一番乗り心地がいいのは、何号車か?

レールスターひかり563号は岡山を出発。
品川-岡山間は726km
品川-博多が1,168kmなので、この旅の62%が終わったことになる。
残すところは442km。

かつて、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome=SAS)が話題になったのがこの場所。
SASは睡眠中に断続的に無呼吸状態になり、その結果深い睡眠がとれず寝不足になり、昼間も眠気に襲われる疾患。

2003年2月26日、山陽新幹線の運転手が走行中に8分間居眠りした。
午後3時21分ごろ、広島発東京行きのひかり126号が岡山駅に着いたとき、停止位置より約100メートル手前に停車した。

それにしても、山陽新幹線は、なんでこんなに速いんだ?
ついさっき新神戸を出たばかりじゃないか。
車窓が殺風景なせいで、そう感じるのか。
実は日本地図は嘘っぱちで、大阪と山口は隣同士なんじゃないか・・

そんな妄想をしていると、1分で海側に岡山ドーム。

099_1417 

野球場ではない。
旧国鉄岡山操車場跡地にできた多目的ドーム。
スポーツやイベントに使われている。

14:21
車内販売のワゴンが戻ってきた。
東海道新幹線では、16両を3台のワゴンで分担しているが、8両編成のレールスターがどのような分担になっているのかは、調べがついていない。
JR東海パッセンジャーズ徳渕真利子さんが書いた「新幹線ガール」のJR西日本フードサービスネット版を誰かに書いてもらいたい。

14:23
岡山から7分で、新倉敷を通過。
ニュース速報スクリーンに「新倉敷を通過しました」のテロップが流れない。
テロップが出る駅、出ない駅、そこのコントロールはどうなっているのだろうか。

新倉敷を過ぎるとすぐに明智トンネル(3303m)に入った。
かなり車体が揺れる。
テーブルの上に置いた一眼レフカメラが、テーブルの上を動き回る。

列車は1号車の乗り心地が一番いい。
列車に当たった空気は後ろに行くほど乱気流となり車体を揺らす。
ここは8両編成の8号車なので、この列車では最も揺れる車両ということになる。
新幹線で列車酔いする人がいるのかは不明だが、もしいたとしたら、できるだけ先頭に近い車両に乗ったほうがよい。
自由席にあてがわれる1号車の乗り心地が一番いいということ。自由席が先頭側に設けられた頃、乗り心地は議題に上ったろうか。。当時の会議を思い浮かべる。

098

14:32
福山発車
遅れが1分に減っている。岡山-福山間はスピードが出せる区間なのかも知れない。
3回裏 成田0-0智弁
ニュース速報スクリーンに甲子園の速報が流れる。
新大阪まで一緒だった成田の皆さんが、喜ぶ結果になるといい。
また少し眠くなってきた。

14:38
1分遅れのままで新尾道を通過。
ここは2面4線の駅。待避線にいたフレッシュグリーン(リペイント)の100系を追い抜く。
この後、新山口から乗る100系はリペイント、リリペイントどちらの100系だろうか。

14:40
三原通過
車窓に広がる三原の街はそこそこの都会。
山陽の沿線にも「727」の看板が出ているな・・・
すっと景色がぼやける
やば。うとうとし始めた。
雑誌でも読もう。
家から持ってきた「サライ」を取り出す。
ここらには車窓のチェックポイントもない。

14:46頃
東広島を通過・・
したはずだが、サライを読んでいて気づかなかった。

山陽では新関門、六甲に次いで長い安芸トンネル(13,030m)の中で、間もなく広島に着くというアナウンスが入る。
広島に着いたマイクは、お好み焼きでも食べている頃か。

乗り継ぎの駅「新山口」はもうその次。
新幹線 はやっ

海側に見えるのは、MAZDA Zoom-Zoom スタジアムだ。
そうか、ここに移ったのか。
広島市民球場は街の中心、原爆ドームのそばにあった。

レフトスタンドは2階部分がないため、緑の芝が見えている。
ここはテレビカメラと真逆の視線。



100_1454 

野球中継では一塁側から撮ったカメラで、レフトスタンドの上に500系やレールスターがのろのろと走っている。

「新幹線・全部乗る旅」 旅日記は不定期で連載中です。
目次ページはこちらです。
100系 300系 500系 700系 レールスター N700系に一日ですべて乗る品川-博多の旅日記


|

« 2010年8月の河村たかし | トップページ | A列から見る徳山の海 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010年8月の河村たかし | トップページ | A列から見る徳山の海 »